周防柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

周防 柳(すおう やなぎ[1]1964年12月21日[2] - )は、日本小説家。本名:非公表[2]東京都練馬区出身[2]。 

経歴[編集]

東京都練馬区で生まれ、5歳から小学3年生まで広島県大竹市で、小学4年生から高校卒業まで山口県岩国市で育つ[1]。岩国市立岩国小学校、岩国市立岩国中学校山口県立岩国高等学校早稲田大学第一文学部卒業後、三井石油化学(現・三井化学)に入社。その後、編集プロダクション勤務を経てフリーの編集者・ライターとなる[1]

父親は陸軍軍人の子として広島に生まれ、中学生のとき被爆[3]。その父親をモデルとした「八月の青い蝶」(「翅(はね)と虫ピン」を改題)で2013年、第26回小説すばる新人賞を受賞[4]。作家活動に入る。2015年、「八月の青い蝶」で第5回広島本大賞受賞[5]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『八月の青い蝶』(2014年2月、集英社、ISBN 978-4087715477 / 2016年5月、集英社文庫、ISBN 978-4087454413) - 「翅(はね)と虫ピン」を改題
  • 『逢坂の六人』(2014年9月、集英社、ISBN 978-4087754193 / 2017年9月、集英社文庫、ISBN 978-4-08-745635-6 c0193)
  • 『虹』(2015年3月、集英社、ISBN 978-4087716030 / 2018年3月、集英社文庫、ISBN 978-4-08-745712-4 c0193)
  • 『余命二億円』(2016年2月、角川書店、ISBN 978-4041033821)
  • 『蘇我の娘の古事記(ふることぶみ)』(2017年2月、角川春樹事務所、ISBN 978-4758413015)
  • 『高天原(たかまのはら)――厩戸皇子の神話(かみばなし)』(2018年10月、集英社、ISBN 978-4-08-771161-5)
  • 『とまり木』(2019年1月、小学館、ISBN 978-4-09-386528-9) - 「彼岸の屋上庭園」を改題


未単行本化・雑誌掲載分[編集]

  • 短編「ぽんぽこ玉」(集英社『小説すばる』2014年7月号)
  • 短編「あいのうた」(集英社『すばる』2014年8月号)
  • 掌編「水色のワンピース」(石内都写真集『Fromひろしま』所収、2014年8月)
  • 短編「五郎ちゃん」(集英社『小説すばる』2015年2月号)
  • 短編「人嫌い」(集英社『すばる』2015年4月号)
  • 短編「椿説とりかへばや物語」(集英社『すばる』2016年4月号)
  • 短編「源さんのお好み焼き」(集英社『小説すばる』2016年7月号)
  • 連作「好色五人女別伝」(集英社『小説すばる』2019年2月号より、不定期連載中)


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 石井雄一 (2014年2月27日). “被爆黙した亡父モデルに恋物語 周防柳さん「八月の青い蝶」”. 中国新聞. 2014年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c 第二十六回 小説すばる文学賞”. 集英社 出版四賞. 集英社. 2017年4月14日閲覧。
  3. ^ “何も語らず逝った父への思い重ね 「八月の青い蝶」 周防柳さん”. SankeiBiz (産経デジタル). (2014年3月10日). http://www.sankeibiz.jp/express/news/140310/exg1403101838005-n1.htm 2017年4月14日閲覧。 
  4. ^ 第26回 小説すばる新人賞受賞作 八月の青い蝶 周防 柳”. WEB文芸 RENZABURO レンザブロー. 集英社. 2017年4月14日閲覧。
  5. ^ “第5回「広島本大賞」に『八月の青い蝶』と『優勝請負人』”. 新文化 (新文化通信社). (2015年3月20日). http://www.shinbunka.co.jp/news2015/03/150320-01.htm 2017年4月14日閲覧。 

周防柳 - Facebook