呪文と踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

呪文と踊り』(じゅもんとおどり、Incantation and Dance)は、アメリカ合衆国作曲家ジョン・バーンズ・チャンス1960年に作曲した吹奏楽曲

概要[編集]

1960年に『夜想曲と踊り』(Nocturne and Dance)というタイトルで作曲され、同年11月3日にハーバート・ヘイゼルマン(Herbert Hazelman)の指揮、グリーンズボロ高校バンド(The Greensboro Senior High School Band)の演奏で初演された[1]

後に改訂され、現在のタイトルで1963年にブージー・アンド・ホークスからSYMPHONIC BAND SERIESとして出版された。チャンスが作曲した吹奏楽曲では初めて出版された作品となる[2]

ヘイゼルマンとグリーンズボロ高校バンドに献呈されている[3]

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 1, Picc. Tp. 4 Cb. 1
Ob. 1 Hr. 4 Timp. 1 (with Mute)
Fg. 1 Tbn. 2, Bass B.D., Tam-Tam, Maracas, Claves, Gourd, Tambourine, 5 Temple Blocks, Timbales, Whip, Cym, Bongo
Cl. 3, Alto, Bass, C-Bass Bar. 1
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1Tub.1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリジナル版の『夜想曲と踊り』は、1995年6月にニューオーリンズで開催された全米吹奏楽協会(National Band Association)年次大会で、ロバート・プリオット(Robert Pouliot)の指揮でフェアファクス市吹奏楽団(City of Fairfax Band)により演奏されている。
  2. ^ WIND BAND LITERATURE, A Conductor's Perspective by Andy Pease
  3. ^ Boosey & Hawkes版のフル・スコア