味の素ファインテクノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
味の素ファインテクノ株式会社
Ajinomoto Fine-Techno Co.,Inc.
種類 株式会社
略称 AFT
本社所在地 日本の旗 日本
210-0801
神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番2号
設立 1942年9月
業種 化学
法人番号 1020001071756 ウィキデータを編集
事業内容 電子材料・機能化学品・活性炭の製造販売
代表者 櫻井 孝男(代表取締役社長)
資本金 3億1,500万円
純利益 76億8700万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 253億5100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 369億2700万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 286名
主要株主 味の素(100%)
外部リンク www.aft-website.com
テンプレートを表示

味の素ファインテクノ株式会社(あじのもとファインテクノ、英文名称Ajinomoto Fine-Techno Co.,Inc.)は、味の素グループ化学メーカーである。

主な製品[編集]

  • 電子材料
    • 層間絶縁材 ABFフィルム
    • 熱硬化型ソルダーレジストインキ
    • 工業用接着剤・封止剤
  • 機能化学品
  • 活性炭

過去に製造していた製品[編集]

  • DDT 1945年10月、味の素社(当時の社名は大日本化学工業)の常務は、総理府を通じてGHQに呼び出され、DDTの製剤化の依頼を受けた。1946年2月16日より、味の素社はGHQから支給されたDDT原薬とタルクを混合し製剤化を開始。1947年5月には味の素社が原薬工場の指定を受けた。1950年には原薬と粉剤の製造は三工、液剤は宝製薬(現在の味の素ヘルシーサプライ)に委嘱された[2]

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1942年(昭和17年) - 味の素日本石油との共同出資により、日本特殊油製造株式会社を設立
  • 1946年(昭和21年) - 味の素の完全子会社となり、三工株式会社に社名変更
  • 1998年(平成10年) - 味の素の化学事業・電子材料事業を統合、味の素ファインテクノ株式会社に社名変更
  • 1999年(平成11年) - 北越炭素工業株式会社と合併、活性炭事業開始

取引銀行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 味の素ファインテクノ株式会社 第106期決算公告
  2. ^ 味の素株式会社『味の素グループの百年―新価値創造と開拓者精神』、2009年9月30日、217-219頁。