和っこの金メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和っこの金メダル
ジャンル ドラマ
脚本 重森孝子
出演者 渡辺梓
伊藤かずえ
いしのようこ
吉村実子
田村高廣
柴俊夫
ほか
ナレーター 立子山博恒
時代設定 昭和33年〜現代
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月2日 - 1990年3月31日
放送時間 15分
回数 連続151[1]
テンプレートを表示

和っこの金メダル』(わっこのきんメダル)は、1989年平成元年)10月2日から1990年(平成2年)3月31日まで放送されたNHK連続テレビ小説第43作目である。

1989〜90年の平均視聴率は33.8%、最高視聴率は40.5% [2](関東地区、ビデオリサーチ調べ)。全151回。主演は渡辺梓

物語[編集]

実業団女子バレーボールで活躍した女性が、経験を生かして地域活動に精を出し、彼女なりに目指した「人生の金メダル」を手に入れるまでを描く。主人公の女性は山口県長門市仙崎出身で、就職のため大阪府堺市に引っ越したという設定。最終回は当時、開催直前だった花の万博にヒロインと息子が行くシーンだった。

モデルとされたチーム・企業はカネボウ(現在は花王グループの化粧品ブランドとして残るのみ)やユニチカ・フェニックスであった。いずれもかつては名門中の名門であったが、その後本業の不振によりいずれも実際に廃部の憂き目に遭った。

スタッフ[編集]

出演[編集]

ヒロイン交代騒動[編集]

当初、ヒロインのオーディションを勝ち抜いたのは市川紀子(現・市川翔子)であったが、撮影開始後に民社党の広報ポスターに起用されていたため、特定政党のイメージキャラクターを起用するのは不偏不党を謳う公共放送の性質上、放送法第4条(政治的公平の原則)に抵触する違法行為との判断から[要出典]市川の起用を取り消し、急遽、最終候補の中から再オーディションが行われ、渡辺に決まった。

その他[編集]

番組終了から数か月後に、渡辺梓は森永製菓森永アイスマルチパック」のテレビCMに出演。本作品主演で出ていたことがきっかけとなり、内容はバレーボール部の練習でレシーブを5、6回受けた後に部員達と一緒にアイスを食べるというもの。

脚注[編集]

関連項目[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
和っこの金メダル