和ヶ原聡司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和ヶ原 聡司
(わがはら さとし)
ペンネーム 和ヶ原 聡司
(わがはら さとし)
誕生 日本の旗 日本
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2011年 -
ジャンル ライトノベル
代表作はたらく魔王さま!
主な受賞歴 第17回電撃小説大賞銀賞
デビュー作 『はたらく魔王さま!』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学

和ヶ原 聡司(わがはら さとし、男性)は、日本小説家脚本家埼玉県在住[1]

略歴[編集]

2010年に『魔王城は六畳一間!』で第17回電撃小説大賞アスキー・メディアワークス主催)銀賞を受賞、同作を『はたらく魔王さま!』と改題して2011年電撃文庫よりデビューを果たす。

人物[編集]

  • 小学4年生の頃まで読書が苦手だったが、久美沙織の『小説ドラゴンクエストIV』全4巻を祖父に買ってもらった事を切っ掛けに小説の道へ進む[2]
  • ビデオゲームスターオーシャン』シリーズの熱烈なファンで、グッズもジャンルを問わず買い集め作家になって以降も捨てず所有している。シリーズ3作目『スターオーシャン Till the End of Time』の二次創作小説を書いたことが自身の創作活動の始まりであり[3]、「スターオーシャンというゲームが無ければ作家和ヶ原聡司は誕生していない」とも語っている[4]スマートフォンアプリゲーム『スターオーシャン:アナムネシス』をプレイした際に、Twitterで小説を書きたいとツイートしたものがプロデューサーの目に留まり、公式小説『STAR OCEAN anamnesis -The Beacon of Hope-』の執筆[3]を経てゲーム本編の第二章『Twin Eclipse』の脚本を担当している[5]
  • 『はたらく魔王さま!』作中において様々なアルバイトや職種を扱っているが、(1 - 6巻分まで)本人が経験した業種は1つも無いと言及している[6]。ただし、飲食業には長年携わっていたとのこと[7]
  • 本格的に小説家となる前は、宇宙を題材にした作品の影響を受け、最終的に宇宙に関する役者になれる道を志す。大学卒業後に笹塚に所在する声優養成所に約3年間入所。退所後も、アフリカ座。という劇団に所属し、さらに約1年間役者を目指し、舞台公演や映画などにいくつか参加・出演した。役者時代からの友人に誘われ朗読劇団「team.鴨福」の公演を観劇したことを機に、同劇団の脚本を手掛けている[8]。また、俳優の渡洋史が主催するアクションクラスの生徒だった[9]
  • 大学は法学部の出身であるという[10]。在学中はスターオーシャンの二次小説創作サイトを立ち上げ、役者の芝居の勉強も行っていた。

作品一覧[編集]

ライトノベル[編集]

ゲームシナリオ[編集]

舞台脚本[編集]

  • 『廃駅のオリオン』(team.鴨福 第3回公演)
  • 『春望む星の六花』(team.鴨福 第4回公演)
  • 『たいせつなひと』(イベント『スターオーシャンフェス2018~星海祭~』内朗読劇[11]
  • 『ほしぞらのたからもの』(イベント『スターオーシャンフェス2019~星海祭~』内朗読劇)

脚注[編集]

  1. ^ 和ヶ原聡司 (@wagahara211) - Twitter
  2. ^ 『私の電撃体験』#19 和ヶ原聡司
  3. ^ a b タダツグ (2017年12月25日). “『スターオーシャン:アナムネシス』第2章はさらなるオリジナル展開が実現!? 和ヶ原聡司先生×小林秀一P対談”. KADOKAWA. 2018年1月1日閲覧。
  4. ^ wagahara211のツイート(938393945523941381)
  5. ^ 電撃app (2018年5月20日). “『SOA』第2部が2018年夏スタート。ウェディングイベントやラジオーシャンコラボも”. KADOKAWA. 2018年5月21日閲覧。
  6. ^ 『はたらく魔王さま!』第7巻後書き。
  7. ^ wagahara211のツイート(353182876998701056)
  8. ^ wagahara211のツイート(965678138356203520)
  9. ^ 成長!!!/渡 洋史の気ままなブログ
  10. ^ wagahara211のツイート(353196493248798722)
  11. ^ タダツグ (2018年5月21日). ““スターオーシャンフェス”レポート。ライブ&豪華声優陣によるPAイベントに大歓喜!”. KADOKAWA. 2018年5月22日閲覧。