和久是安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和久 是安(わく ぜあん、天正6年(1578年) - 寛永15年8月(1638年))は、安土桃山時代末期から江戸時代前期の武士書家[1]。名は俊英[1]。字は宗友[1]。通称は半左衛門[1]。是安は号[2]。父は和久宗是、母は和久掃部の娘[1][2]

経歴・人物[編集]

天正6年大坂に生まれる[2]近衛信尹にまなび近衛流(三藐院流)を手中にした[2]。画もよくした[1]豊臣秀頼右筆をつとめ、のち伊達政宗にまねかれ1000石をあたえられた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『和久是安』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『和久是安』 - コトバンク