和久正辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和久正辰

和久 正辰(わく まさたつ、1852年7月 - 1934年11月)は日本の武士教育学者理学者秋山好古陸軍士官学校へ導いた人物とされる。

来歴[編集]

松山で生まれる。慶應義塾福澤諭吉に学び、愛知県立名古屋師範学校付属小学校の教頭を務める。

その後は1879年から1884年まで宮城師範学校の校長を務め、その後東京府立師範学校校長。

理学に明るく、1887年に著書「理科教授法」を出版している。また心理学にも精通していた。

略歴[編集]

秋山好古との出会い[編集]

和久は名古屋師範学校教頭に就任した際、全国の師範学校の在学生の出身藩を調べたところ大阪に同じ松山出身の秋山を見つけ、自ら手紙を書いて秋山を名古屋師範学校教員に招いた。当時17歳の秋山に度々酒を振る舞っていたとされる。

参考文献[編集]