和合正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和合 正治(わごう しょうじ、1917年2月27日 - 2004年3月7日)は、日本の政治家。松本市長(11代:1976年3月 - 1992年3月)、全国市長会副会長、長野県市長会会長。

経歴[編集]

長野県東筑摩郡本郷村(現・松本市)生まれ。1934年旧制松本中学(現:長野県松本深志高等学校)卒業。1938年松本市役所に勤務。1940年から1945年まで満州国委任官副科長を務め、1946年市役所に復職。税務課長、総務課長、財政課長、総務部長を経て、1969年に助役就任 [1]。。1976年3月に松本市長に無投票で初当選。1992年3月、5選を目指し選挙戦を戦うが、有賀正に敗れ落選した。

脚注[編集]

  1. ^ 歴代市長”. 松本市総務部秘書課. 2014年10月20日閲覧。

参考[編集]