和希そら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

和希 そら(かずき そら、10月5日[1][2] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター[3][2]

岡山県岡山市[1][4][2][5]市立旭東中学校出身[1][4][2]。身長168cm[1][2][5]。血液型B型[6]。愛称は「そら」、「そーちゃん」[1][4]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[7][8][4][3][9][5]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[7][5]。その後、宙組に配属[7][8][2]

2014年の「ベルサイユのばら」で新人公演初主演[7][8][2][5]。男装の麗人オスカルを演じる[7][8][5]

2016年、「エリザベート」新人公演で、狂言回しとなる大役ルキーニ(本役:愛月ひかる)に抜擢を受ける[8][7]

2018年、真風涼帆星風まどかトップコンビお披露目となる「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム公演)で、自身初となる本格的な女役・アニータを演じる[8][7][2]。同年のショー「ハッスル メイツ!」でバウホール公演初主演[10][8][3][11][9][2][5]

2021年、「夢千鳥」で3年ぶり2度目のバウホール公演主演[3][11][9][2][5]。同年12月10日付で、雪組へ組替えとなることが発表された[5]

人物[編集]

宝塚初観劇は、雪組公演「霧のミラノ/ワンダーランド」[6]

学生時代は帰宅部で、毎日ダンスのレッスンに通っていた[6]

尊敬する恩師の勧めで宝塚の舞台を観て衝撃を受け、自分もこの舞台で踊りたいと、音楽学校受験を決意した[6]

憧れの上級生は礼真琴[6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー『Heroe』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!』
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2018年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2017年度努力賞
  • 2021年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2020年度努力賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]