和栗卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

和栗 卓也(わぐりたくや、2月20日[1] - )は、東京都出身[1]シンガーソングライター。1994年日本コロムビアよりデビュー[1]

エピソード[編集]

  • 小学6年生の時にビートルズを聴き、音楽に目覚める[要出典]。影響を受けたアーティストは、ボビー・コールドウェル、エア・プレイ、デビッド・フォスター等[1]
  • 14歳の頃にバンドを結成[要出典]ドラムとボーカルを担当した[要出典]同時にギターを弾きながらのソロ活動を始める[要出典]17歳からはピアノを弾き始める[要出典]
  • 1993年には山本まゆり原作のMBコミックス「霊能者・緒方克己」シリーズのサウンドトラック「悪霊のいる教室」に参加。2曲の作曲と3曲(うち2曲は自作曲)の歌唱を担当[2]
  • 1994年6月21日、シングル「心閉じて泣かないで」でデビュー[1]。同年10月1日には2枚目のシングル「KISSのあとのためいき」を発売[1]この曲は毎日放送・TBS系「たけし・所のドラキュラが狙ってる」のオープニングテーマとなった[要出典]。また、同日には1stアルバム「思い出がせつない夜に」も発売した[1]このアルバムにはサザンオールスターズ松田弘も参加し、話題となった[要出典]
  • アルバムを発売し、ライブやメディア出演などの活動を本格化させようとした矢先、病気になり、活動を断念した[要出典]
  • デビュー当時より、その声を活かしてナレーション活動も行っている[要出典]。代表作として、SPEEDが出演した資生堂「ティセラ」やチバビジョンのCMナレーション等がある[1]
  • 2005年に川島佑介名義でシングル「あの日の君へ」をリリース、再デビューを果たす[3]この曲はクラシックの名曲「威風堂々」をカバーした楽曲。テレビ東京「ウルトラヒロイン」のエンディングテーマとなった[要出典]
  • 同年、キャラメルボックスの公演「スケッチブック・ボイジャー」の楽曲「FLY!」に参加(川島佑介名義)。2008年には東急ハンズのクリスマスBGMにエコロジカルアーツ協会のアーティストとして参加。オリジナルCDを制作し、全国の東急ハンズにて1000名にプレゼントされた[4]
  • 近年では、オフコースのトリビュートバンド「CALL」を結成。ボーカル&キーボードとしてライブ活動をしている。
  • 2013年2月6日に配信限定ミニアルバム「限りない想いを」を発売。また同年1月24日にはデビューアルバム「思い出がせつない夜に」がオンデマンドCDとして日本コロムビアから発売された。同年9月4日には配信限定ミニアルバム第2弾「この世界のどこかに」を発売。
  • 2014年6月21日、デビュー20周年を記念したライブ「TAKING OFF TONIGHT」を二子玉川KIWAにて開催。同日に20周年記念アルバム「Air Of River」をリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

シングル

  1. 心閉じて泣かないで c/w めぐり来る夏へ(1994年6月21日、CODA-444)
  2. KISSのあとのためいき c/w あなたがいたなら(1995年10月1日、CODA-488)
  3. あの日の君へ c/w Beautiful days、透明な世界で(2005年6月22日、TKCA-72877)
    • 川島佑介名義

アルバム

  1. 思い出がせつない夜に(1995年10月01日、COCA-11981)
  2. 思い出がせつない夜に(2013年1月24日、オンデマンドCD、CORR-10853)
  3. Air Of River(2014年6月21日、ICCA-00001)

配信限定

  1. 限りない想いを(2013年2月6日)
  2. この世界のどこかに(2013年9月4日)

脚注[編集]

[ヘルプ]