和泉国分寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国分寺
Izumi Kokubunji, hondou.jpg
本堂
所在地 大阪府和泉市国分町627
位置 北緯34度26分13.71秒
東経135度29分4.23秒
座標: 北緯34度26分13.71秒 東経135度29分4.23秒
山号 護国山
宗派 高野山真言宗
本尊 薬師如来
別称 福徳寺
札所等 和泉西国三十三箇所 第3番札所
和泉霊場 第54番札所
文化財 千手観音立像(和泉市指定文化財)
法人番号 2120105006655
和泉国分寺の位置(大阪府内)
和泉国府 推定地
和泉国府
推定地
和泉国分寺
和泉国分寺
テンプレートを表示

和泉国分寺(いずみこくぶんじ)は、大阪府和泉市国分町にある高野山真言宗寺院。山号は護国山[1]。本尊は薬師如来[2]。通称を「福徳寺」とも[2]

奈良時代聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、和泉国国分僧寺の後継寺院にあたる。

歴史[編集]

年表
出来事
天平13年(741年 国分寺建立の詔
天平宝字元年(757年 和泉国成立
承和6年(839年 安楽寺を国分寺に昇格

創建は不詳。国分寺建立の詔は天平13年(741年)に出されたが、当時は和泉国は未成立(河内国のうち)であり、天平宝字元年(757年)の和泉国成立後の承和6年(839年)に国分寺に指定される以前は「安楽寺」と称される寺院であった[2][3]。寺域出土の瓦では、7世紀後半の軒丸瓦が見られるも1点のみであり、数量の点では8世紀から本格的に整備されたと見られる[3]。ただし本格的な発掘調査は未実施のため伽藍・時期の詳細は明らかでない[3]

承和6年(839年)に国分寺に指定された際には、講師1員・僧10口が置かれたが、読師は置かれなかった[2][3]。また和泉国内に国分尼寺は設置されていない[2][1][3]。なお、所在地は和泉国の国府推定地(府中付近)からは離れた位置になる[3]

延長5年(927年)成立の『延喜式』主税上の規定では、和泉国の国分寺料として稲5千束があてられている[2][1]

その後の変遷は詳らかでなく、「兼貞珍光時論田勘注案」に引用される嘉承元年(1106年)・天仁2年(1109年)の文書に国分寺領の記載が見えるのみになる[2][1]鎌倉時代末頃には国分寺の機能を喪失していたと見られる[1]

『泉州志』では「国分寺今号福徳寺」の金堂・塔・中門・大門の礎石が散在する旨が記されるが、現在では礎石の所在は明らかでない[2][3]

境内[編集]

文化財[編集]

和泉市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 千手観音立像 - 平安時代の作。2018年(平成30年)3月8日指定[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 中世諸国一宮制 2000, pp. 64-65.
  2. ^ a b c d e f g h 国分寺(平凡社) 1986.
  3. ^ a b c d e f g 和泉市の考古・古代・中世 2013, pp. 268-276.
  4. ^ 和泉市の指定文化財 (PDF) (和泉市ホームページ)。

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 境内説明板
  • 「国分寺」『日本歴史地名大系 28 大阪府の地名』平凡社、1986年。ISBN 458249028X。
  • 『中世諸国一宮制の基礎的研究』中世諸国一宮制研究会編、岩田書院、2000年。ISBN 978-4872941708。
  • 「和泉市の古代寺院」『和泉市の考古・古代・中世(和泉市の歴史6)』和泉市史編さん委員会編、和泉市・ぎょうせい、2013年、268-276頁。ISBN 978-4324800621。

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 岸本直文・彦坂めぐみ・阪井田耕司ほか「和泉国分寺跡と出土瓦(和泉市国分町合同調査報告)」『市大日本史』第8巻、大阪市立大学日本史学会、2005年5月、 132-146頁。
  • 国分寺 - 和泉市文化財活性化推進実行委員会「和泉市の文化財」