和珥部君手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
和珥部君手
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 文武天皇元年(697年)9月
別名 氏:和邇部、和爾部、和尓部、丸部
官位 勤大壱、直広壱
主君 天武天皇持統天皇
氏族 和珥部
父母 父:丸邇部弓束
丸邇部大石、丸邇部伯麿、丸邇部弟足
テンプレートを表示

和珥部 君手(わにべ の きみて)は、飛鳥時代の人物。氏は和邇部和爾部和尓部丸部とも書く[1]。姓は。丸邇部弓束の子とする系図がある。冠位は勤大壱、直広壱。

出自[編集]

和珥部氏は和珥氏の一族またはその属民(部曲)であり、畿内を始め尾張国美濃国加賀国等各地に分布しているが、臣姓の和珥部氏(和珥部臣)は春日氏の一族で和珥部の首長とされる。また君手は美濃国の人であるという[2]

経歴[編集]

壬申の乱での活躍[編集]

壬申の乱において、君手は舎人として大海人皇子に仕えたと考えられており、大海人皇子が挙兵を決断したとき、君手は吉野にいた皇子のそばにいた。皇子自身か行動をおこす2日前、6月22日に、和珥部君手は村国男依身毛広と3人で美濃に先行するよう命じられた。彼らの任務は、安八磨郡(安八郡)の湯沐令多品治に連絡し、まずこの郡を挙兵させることであった。彼らは無事にその任を果たし、美濃の兵3千が大海人皇子のために不破道を塞いだ。

大海人皇子は美濃に入り、二手に分けたそれぞれ数万の軍勢を、7月2日に近江国と倭(大和国)の2方面に送り出した。和珥部君手は、村国男依、書根麻呂胆香瓦安倍と共に近江行きの軍を率いた。男依らの軍は連戦連勝して進撃し、22日には瀬田で敵の最後の防衛線を破った。大友皇子が翌日自殺したことで、壬申の乱は終わった。

君手は後にこの戦争を回顧して「和邇部臣君手記」を書いた。

功臣のその後[編集]

日本書紀』には12月4日に勲功ある人を選んで冠位を増し、小山位以上を与えたとする記事があるので、君手が受けた位もこれ以上ではあったと考えられる。また、80戸の封を与えられた[3]

文武天皇元年(697年)9月9日に勤大壱から直広壱に昇叙された。これを伝える『続日本紀』の記事は「壬申の功臣」としか理由を伝えないが、他の例で壬申の功臣への賜位記事は死亡時の追贈であるから、この場合も同じと考えられる。

大宝元年(701年)7月21日に食封の4分の1を子孫に伝えることが決められた[3]霊亀2年(716年)4月8日に従六位上だった息子の大石が、他の壬申の功臣の子息と並んで功田を与えられた[4]。このときの君手の冠位は直大壱と記されており、死亡時とされる文武天皇元年(697年)より高いが、理由は不明である。

系譜[編集]

  • 父:丸邇部弓束[5]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:丸邇部大石[5]
    • 男子:丸邇部伯麿[5]
    • 男子:丸邇部弟足[5]

脚注[編集]

  1. ^ 読みはいずれも「わにべ」
  2. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  3. ^ a b 『続日本紀』大宝元年7月21日条
  4. ^ 『続日本紀』霊亀2年4月8日条
  5. ^ a b c d 「和邇系図」(『姓氏家系大辞典』所収)

参考文献[編集]