この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

和田あき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

 和田あき 女流初段
名前 和田あき
生年月日 (1997-11-14) 1997年11月14日(22歳)
プロ入り年月日 2014年8月9日(16歳)
棋士番号 50
出身地 北海道札幌市
師匠 藤倉勇樹五段
段位 女流初段
戦績
2015年2月10日現在
テンプレートを表示

和田 あき(わだ あき、1997年11月14日 - )は日本将棋連盟所属の女流棋士。女流棋士番号は50。藤倉勇樹五段門下。北海道札幌市出身。立命館大学中退。


棋歴

女流プロになるまで

  • 5歳の頃に、父と兄が指しているのに興味を持って将棋を覚える[1]中井広恵の主宰する中井塾[2]大野八一雄の教室[3]などで力をつける。
  • 2008年8月、小学5年で第1回小学生駒姫名人戦に出場し、竹俣紅に敗れ3位[4]
  • 2009年8月、小学6年で第2回小学生駒姫名人戦で優勝[5]
  • 2009年12月、研修会F1クラスで入会[6]
  • 2010年8月、中学1年で全国中学生選抜将棋選手権大会で長谷川優貴に敗れ3位[7]
  • 2010年9月、第38回1dayトーナメントのGSPカップEastで優勝[8]
  • 2011年8月、中学2年で全国中学生選抜将棋選手権大会で2連覇する山根ことみに敗れ3位[9]
  • 2012年8月、中学3年で全国中学生選抜将棋選手権大会で山根ことみに敗れる[10]
  • 2013年8月1日、高校1年で全国高校将棋選手権大会女子の部で優勝[11]
  • 2013年8月17日、第7期マイナビ女子オープンチャレンジマッチを勝ち上がり、一斉予選1回戦で竹俣紅に敗れる[12]
  • 2013年11月、第45期女流アマ名人戦で3位[13]
  • 2014年1月、全国高校将棋新人大会女子の部で準優勝[14]
  • 2014年3月9日、関東研修会C2クラスで3連勝してC1に昇級し、女流棋士3級の資格を取得[3]。その後、資格申請を行い、4月1日付で関東所属の女流3級になった[15]

女流プロ入り後

  • 2014年8月9日、第8期マイナビ女子オープン一斉予選決勝で西山朋佳奨励会初段に勝って本戦入りを決め、昇級規定「マイナビ女子オープン本戦入り-昇級規定の女流1級に該当した場合」を満たして女流2級に昇級し、正式な女流棋士となって女流棋士番号50を付与された[16]
  • 2014年10月5日、第8回白瀧あゆみ杯争奪戦決勝戦で室谷由紀に勝ち、優勝。
  • 2014年11月6日、第8期マイナビ女子オープン本戦2回戦で斎田晴子に勝利し、昇段規定「マイナビ女子オープンベスト4」を満たし、女流初段に飛付昇段[17]。その後、挑戦者決定戦まで勝ち進むが[18]、2015年3月9日上田初美に敗れ、タイトル初挑戦は逃す[19]

棋風

居飛車党で矢倉を得意とする[1]

人物

國學院高等学校在学中に関東所属でプロ入りしたが[6][20]、2016年4月に立命館大学法学部に進学し[21]、関西所属となった。2017年3月末に立命館大学を退学し[22]、6月1日付で関東所属に復帰した[22]

2018年度からNHK杯の棋譜読み上げを務めている[23]。2018年8月から11月までは司会の藤田綾が産休のため、同じく棋譜読み上げの飯野愛と共に交替で司会も担当していた。

妹の和田はなも女流棋士であり、姉妹で女流棋士となるのは4例目である[24]

昇段履歴

主な成績

脚注

  1. ^ a b 「クローズアップ あの人に聞いてみたい 和田あき女流2級」『週刊将棋』、日本将棋連盟、2014年8月20日、 18面。
  2. ^ 中井塾・一般体験会”. LPSA(日本女子プロ将棋協会) (2009年5月9日). 2015年11月4日閲覧。
  3. ^ a b “和田あきちゃん、おめでとう。 - 【将棋】川口 大野教室ブログ” (日本語). 大野八一雄. (2014年3月9日). オリジナルの2018年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180721195222/https://blog.goo.ne.jp/chein810/e/be5213db44ea15f2f78c0c208a24732b 2018年7月21日閲覧。 
  4. ^ 第1回小学生駒姫名人戦”. 日本将棋連盟 (2008年8月6日). 2015年11月4日閲覧。
  5. ^ 第2回小学生駒姫名人戦”. 日本将棋連盟 (2009年8月12日). 2015年11月4日閲覧。
  6. ^ a b 和田あきさんが4月から女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2014年3月25日). 2015年11月4日閲覧。
  7. ^ 第31回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2010年8月4日). 2015年11月4日閲覧。
  8. ^ GSPカップEast棋譜”. LPSA (2010年9月23日). 2015年11月4日閲覧。
  9. ^ 第32回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2011年8月4日). 2015年11月4日閲覧。
  10. ^ 第33回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2012年8月4日). 2015年11月4日閲覧。
  11. ^ 第49回全国高等学校将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2013年8月1日). 2019年9月9日閲覧。
  12. ^ 第7期マイナビ女子オープン予選”. 日本将棋連盟. 2015年11月4日閲覧。
  13. ^ 第45期女流アマ名人戦”. 日本将棋連盟 (2013年11月4日). 2015年11月4日閲覧。
  14. ^ 第22回全国高等学校文化連盟将棋新人大会”. 日本将棋連盟 (2014年2月1日). 2015年11月4日閲覧。
  15. ^ 和田あきさんが4月から女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2014年3月25日). 2018年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月4日閲覧。
  16. ^ 和田あき女流3級が女流2級に昇級”. 日本将棋連盟 (2014年8月11日). 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月4日閲覧。
  17. ^ 和田あき女流2級が女流初段に昇段”. 日本将棋連盟 (2014年11月7日). 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月4日閲覧。
  18. ^ 第8期 本戦準決勝 和田女流初段が挑戦者決定戦へ” (日本語). 将棋情報局. マイナビ出版 (2015年1月13日). 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  19. ^ 上田初美女流三段、マイナビ女子オープンの挑戦者に!」『日本将棋連盟』、2015年3月10日。2018年7月21日閲覧。オリジナルの2018-7-21時点におけるアーカイブ。
  20. ^ 和田あきさん。将棋で全国優勝 | 國學院高等学校”. www.kokugakuin.ed.jp. 2020年9月11日閲覧。
  21. ^ 新入生の声 衣笠キャンパス 「将棋のタイトルに絡んでいたい!」和田 あき さん 法学部”. 立命館大学 (2016年4月18日). 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  22. ^ a b 西遊棋実行委員会 @kansaishogi のツィート(担当:和田あき)」『Twitter』、2017年5月20日。2018年7月21日閲覧。オリジナルの2018-7-21時点におけるアーカイブ。
  23. ^ 藤田綾 @aya_fjt のツィート」『Twitter』、2018年3月31日。2018年7月26日閲覧。オリジナルの2018-7-26時点におけるアーカイブ。
  24. ^ 和田はなさんが9月から女流棋士2級に|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年8月24日閲覧。

関連項目