和田一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和田 一夫(わだ かずお、1929年3月2日 - 2019年8月19日[1])は、元・ヤオハン代表であり、経営コンサルタント。上海国際経営塾塾長、福岡大学経済学部非常勤講師。

静岡県熱海市の八百屋「八百半」を、30年で世界的な流通・小売業「国際流通グループ・ヤオハン」にまで発展させたものの、最終的には経営破綻させた。

人物[編集]

神奈川県小田原市生まれ。日本大学経済学部卒業後の1951年、両親の営む八百屋・八百半商店に入社。1953年、妻きみ子と結婚。

1968年、八百半デパートに改称し社長就任。1971年、日本の流通業の海外進出第1号としてブラジル進出。1989年、ヤオハンデパート会長。同年、持株会社ヤオハン・インターナショナル設立、代表取締役会長となる。さらに香港にグループ総本部を設立、1990年家族とともに同地に移住した。1996年、総本部の上海移転とともに上海に移住。1997年上海市栄誉市民賞を受賞するも経営危機に伴い日本に帰国した。同9月にヤオハン・ジャパン(旧ヤオハンデパート)が経営破綻、和田はヤオハン関連の全ての役職から辞任、ヤオハン・グループは崩壊した。

2000年、福岡県飯塚市に移住。経営コンサルタントを務めるほか、著述や講演、講義などを行う。2004年、上海に移住、中国企業や中国関連プロジェクトの顧問などを複数務めた。

長年、新宗教生長の家」を信仰する。旧ヤオハンの社是も同宗教の教義に基づいており、世界中で新店舗が開店する際には、社員と共に行う生長の家の祈りが欠かされなかったという[2]。1981年には「生長の家栄える会」会長に就任している[1]。教団本部の理事長まで務めたが、「生長の家本流運動」の原型となる所謂「飛田給派」によって1982年に辞任に追い込まれた。

イズミ山西泰明代表取締役社長は実の兄弟に当たる(山西側が養子)。

和田は中国に対し「中国への思い入れというか、ご恩返しということがあります。中国は日本との戦争で、あれだけ大変な目に遭ったのに日本を分割統治することに反対し、いっさいの対日賠償を要求しなかった。一番被害を被った国が賠償を放棄してくれたおかげで、戦後の日本は繁栄できました。だからこのご恩はくれぐれも忘れてはいけません。ですから、私は、その恩ある国が困っているのを見て、私にできることはないだろうか、中国のご恩に報いる道はないだろうかと考えて、香港への移住を決意したのです」と述べている。

2019年、8月19日午前2時54分、老衰のため伊豆の国市の自宅で90歳で死去[1][3]

その他[編集]

  • ヤオハン・グループについて、同族経営の弊害が指摘されることがある。
  • 香港・中国のビジネスを通して中国共産党との強いコネクションを持っていたと言われ[2]、1996年には北京において李鵬首相(当時)と会談している。ヤオハン・グループの崩壊に関連しては、中国でのビジネスが経営破綻の原因だったという説と、問題は日本国内の事業であり中国を始めとする日本国外の事業は順調だったという説がある。
  • 香港に居住していた際の住居は、香港市街が見渡せるPollock Path 山頂のSkyhigh地区にあった。広さ2万平方フィートの豪邸は、1991年に85億香港ドルで購入され、1996年に375億香港ドルで売却された[3]
  • 和田の実母であり、八百屋「八百半」を創業した和田カツは、橋田壽賀子原作のテレビドラマ『おしん』(NHK)のモデルであるといわれる[4]ことがあるが、このテレビドラマの筋立てはジャスコ(現:イオン)などの創業過程を参考にしたものである。

出典[編集]