和田一郎 (サッカー指導者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和田 一郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ワドゥー[1]
カタカナ ワダ イチロウ
ラテン文字 WADA Ichiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-01-31) 1974年1月31日(45歳)
出身地 東京都
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

和田 一郎(わだ いちろう、1974年1月31日 - )は、東京都出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

筑波大学大学院修了後の2000年から日本サッカー協会で各年代の日本代表のテクニカルスタッフやアシスタントコーチを歴任[1]。「分析のプロ」としてFIFAワールドカップには2002年の日韓大会から2014年のブラジル大会まで4大会連続で分析スタッフ、アシスタントコーチとして関わった[1][2]。代表合宿では、紅白戦で人数が足りないポジションに入ってプレーすることもあった[1]。 日本代表の知恵袋。 ワールドカップ(W杯)日韓大会のトルシエ監督からザッケローニ監督まで5代の監督に仕えてきた。 世界中から映像を集め、年間にチェックする試合数は700を楽に超える。 日本代表も分析対象で、強みと弱みをつまびらかにしては練習に落とし込んで改善に役立てる。 1チームにつき12から13試合は見て、分析に穴がないようにする。 欧州組視察の際には対戦国の主要キャストも観察。 「長所短所、現状、選手の入れ替えに応じて相手国がこれからどう変化するか」も見通していく。 選手へのミーティングは30分を超えないと決めている。 「それ以上は集中力を欠いてしまうから」。 綿密な分析を土台に膨大な映像資料から肝となる部分を抽出、DVDに落とし込んで選手に簡潔に伝える必要がある。 相手チームの弱みや穴を見つけ、これをA代表のチームに伝えるインテリジェンス機関的なことをやっている。

2015年ガンバ大阪のアシスタントコーチに就任した[3]

2017年U-20サッカー日本代表のコーチに就任した。

[有資格]

2004年 JFAサッカーC級コーチライセンス取得

2005年 JFAサッカーB級コーチライセンス取得

2007年 JFAサッカーA級コーチライセンス取得

2015年 AFCプロ・ディプロマコーチライセンス(アジアサッカー連盟が定める指導者制度の最高位に値する指導者ライセンス)取得

学歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e G大阪に“分析のプロ”和田一郎氏が入閣!W杯4度 スポニチ、2014年12月25日
  2. ^ W杯頂点を目指して サムライ軍師(ルポ迫真)日本経済新聞、2014年5月22日
  3. ^ 和田一郎氏 ガンバ大阪コーチングスタッフ加入のお知らせガンバ大阪オフィシャルサイト、2014年12月25日
  4. ^ 前サッカー日本代表アシスタントコーチ 和田一郎さん来校東京私学ドットコム、2014年9月11日[リンク切れ]
  5. ^ 2013 ナショナルコーチングスタッフ(男子) プロフィール日本サッカー協会、2015年1月3日閲覧

関連項目[編集]