和田常盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
和田常盛
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 承安2年(1172年
死没 建暦3年5月4日1213年5月25日
官位 左兵衛尉
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼家実朝
氏族 和田氏
父母 父:和田義盛
兄弟 常盛、義氏、朝比奈義秀、義直、義重、義信、秀盛、義国
朝盛

和田 常盛(わだ つねもり)は、鎌倉時代前期から中期にかけての武将御家人

略歴[編集]

承安2年(1172年)、和田義盛の嫡男として誕生。

弓の名手だったと伝わり、鎌倉幕府将軍源頼家実朝に仕えた。建仁3年(1203年)の比企能員の変には父・義盛と共に追討軍に参加した。

建暦3年(1213年)の和田合戦において一族と共に戦うが、敗れて甲斐国へ逃れ、横山時兼らと共に自害した。享年42。

逸話[編集]

  • 正治2年(1200年)9月、源頼家が鎌倉付近の小壺の浜で御家人の子弟たちと笠懸し、船を出して酒宴を催していた。その際、水練の達者であった弟・朝比奈義秀が海に飛び込みその特技を披露したため、これを絶賛した頼家によって奥州を賜った。ところが、この名馬を所望して常盛は立ち上がり、相撲ならば弟には負けないと言い出し砂浜で相撲の対決した。しかし、双方とも大力でなかなか勝敗が決しなかったため、止むなく北条義時が間に入って引き分けにさせた。これを恥じた常盛は着衣せずに乗馬して立ち去り、義秀は兄の行為を大いに恥じるも、周りは大笑いしたという。