和田義茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
和田義茂
時代 平安時代後期-鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:次郎
幕府 鎌倉幕府 寝所警護
主君 源頼朝
氏族 和田氏
父母 父:杉本義宗[1]、母:大庭景継娘[2]
兄弟 義盛義茂、義胤、義長、宗実
小笠原遠光
高井重茂[3]

和田 義茂(わだ よしもち、生没年不詳)は、平安時代後期-鎌倉時代初期の武士 [4]。椙本義宗の子[5]和田義盛の弟[5]源頼朝の側近の一人[5]。通称は次郎[4]

経歴・人物[編集]

相模国出身[4]。武芸に優れ、弓の名手[5]。寝所警護なども勤めた[4]養和元年(1181年足利俊綱追討を命じられ下野国に出陣[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三浦義明の子。
  2. ^ 長江義景の妹。
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『高井重茂』 - コトバンク
  4. ^ a b c d 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『和田義茂』 - コトバンク
  5. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『和田義茂』 - コトバンク