和田順子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和田順子(わだ じゅんこ、1937年5月24日 - )は、兵庫県生れの俳人。俳誌「繪硝子」(えがらす)主宰。

略歴[編集]

  • 1974年(昭和49年)殿村菟絲子主宰「万蕾」に入会
  • 1974年(昭和49年)「万蕾」賞受賞
  • 1993年(平成5年)「群青」賞受賞
  • 1996年(平成8年)「万蕾」終刊。殿村菟絲子の弟子、向笠和子、下鉢清子、北見さとる、鈴木喜美恵ら有志にて設立された「繪硝子」および、今井聖主宰の「街」創刊同人となる。
  • 2000年(平成12年)「繪硝子」主宰となる。「街」退会。

現在、俳人協会幹事、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員。

句集に『五月』、『錐体』、『自註句集 和田順子集』、『ふうの木』がある。

「ことばの翼 詩歌句」(北溟社)2009年夏号で「短詩型のパイオニア」として、俳人では松田ひろむ・松村多美・百瀬美津・澤田緑生・すずき波浪・山田六甲とともに百句掲載。代表句に「東風吹くや連理と生ひて椎と椨」がある。 

「繪硝子」[編集]

「繪硝子」は月刊。同人会長 髙平嘉幸、編集長 石澤青珠。

主張 有季定型を基に自然より享けた感動を素朴に表現する。

「繪硝子」という誌名は、殿村菟絲子の句「オルガンに繪硝子の夏日灯と紛ふ」より採られた。

作詞[編集]