和田高家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
和田高家
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 不明
主君 後醍醐天皇後村上天皇
氏族 河内和田氏楠木氏同族)
父母 楠木正季

和田 高家(わだ たかいえ)は、南北朝時代武将で、楠木正季の息子、楠木正成とされる人物。しかし、同時代史料には見られず実在不明である。

概要[編集]

江戸時代に編修された『群書類従』版『橘氏系図』によれば、楠木正氏(正季)の息子の四兄弟中の次兄で、和田賢秀らの「兄」であり、正平3年/貞和4年(1348年)の四條畷の戦い楠木正行のもと戦って戦死したとされる[1]

しかし、『園太暦』などの一次史料で四條畷の戦いを記した箇所には登場しない[2]。また、『群書類従』より古い『尊卑分脈』版『橘氏系図』では「正氏」の息子は行忠(新兵衛尉)と和田賢快(新発)のみであり、高家に相当する人物がいない[3]

また、軍記物太平記』巻26の四條畷の戦いには基本的には登場しないが、諸写本のうち唯一、毛利家本のみ和田賢秀の「弟」の名前を高家としている[4]

江戸幕府公式地誌『五畿内志』(18世紀初頭)中の『和泉志』によれば、和田高遠と楠木正成の妹の息子である和田正遠の長男であり、弟が和田正武であるという[5]。この説だと楠木正成が祖父となり、正季は遠い親戚となる。

このように、高家が登場する書籍でも記述がバラバラであり、実在性が不明瞭である。

岸和田の発祥?[編集]

陽翁の創作物『太平記評判秘伝理尽鈔』(1600年前後?)では、正慶2年(1333年)に正成が摂津・河内・和泉の三国を賜ると、正成は「和田信三郎」という人物に和泉守を譲り、その後「和田新兵衛尉高家」という人物が和泉国の岸和田城に籠城したという記述がある[6]

『太平記評判秘伝理尽鈔』の記述を元に、石橋直之『泉州志』(元禄13年(1700年))は、和田高家は「岸村」と呼ばれている所に城(後の岸和田古城)を築き、地名と高家の苗字の和田が合わさり、同地が岸和田と呼ばれるようになったなどとした[6]。また、高家の息子が和田正武であるという[6]

しかし、山中吾郎・辻陽史らの調査の結果、和田高家が岸和田の由来の人物とするのは『太平記評判秘伝理尽鈔』『泉州志』にまでしか辿れない上に、その時代に岸和田古城が実在したかどうかすら疑問視されている[6]。発掘調査によれば、岸和田古城が築かれたのは高家の時代から150年以上後の15世紀後半である[7]

また、岸和田という地名の由来についても、同じ南朝武将で一次史料から実在が確実な岸和田治氏(もしくはその親族)を発祥とする方が有力視されている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 橘氏系図 1893.
  2. ^ 東京帝国文科大学史料編纂掛 1912.
  3. ^ 藤原 1903.
  4. ^ 長谷川 1997, p. 249.
  5. ^ 福田 1997.
  6. ^ a b c d 辻 2015, pp. 75–78.
  7. ^ 辻 2015, pp. 72–74.
  8. ^ 日本歴史地名大系 2006, 大阪府:岸和田市 > 岸和田村.

参考文献[編集]

関連項目[編集]