和田 (鹿児島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田
—  町丁  —
鹿児島市立和田中学校
和田の位置(鹿児島県内)
和田
和田
座標: 北緯31度30分46.7秒 東経130度30分48.4秒 / 北緯31.512972度 東経130.513444度 / 31.512972; 130.513444
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 谷山地域
地区 谷山地区
人口 (2009年(平成21年)9月末現在)
 - 計 6,840人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 891-0143

和田(わだ Wada)は、鹿児島県鹿児島市町名。旧谿山郡谷山郷和田村、谿山郡谷山村大字和田鹿児島郡谷山町大字和田谷山市和田町、鹿児島市和田町。和田一丁目から和田三丁目までがあり、和田一丁目から和田三丁目までの全域で住居表示を実施している。人口は6,840人、世帯数は2,836世帯(2009年9月末現在)[1][2]郵便番号は891-0143。

「和田」という地名は海の神であるワタツミ(綿津見神)の名前の一部である綿(わた)が訛り、和田と呼ばれるようになったことに由来する[3]

地理[編集]

鹿児島市南部(谷山地区)、和田川下流域に位置している。町域の北方には谷山中央及び慈眼寺町、南方には坂之上、西方には下福元町、東方には南栄がそれぞれ隣接している。

町域を南北に国道225号国道226号と重複)、東西に鹿児島県道219号玉取迫鹿児島港線が通っている。

教育施設は中央部に鹿児島市立和田小学校、南部に鹿児島市立和田中学校が所在している。

歴史[編集]

和田の成立から近世[編集]

和田という地名は室町期より見え、薩摩国谿山郡のうちであった。

江戸期には谿山郡谷山郷(外城)のうちであり、村高(石高)は「天保郷帳」では538石余、「旧高旧領取調帳」では538石余であった[4]

町村制施行以後の和田[編集]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、谷山郷の区域より谷山村が成立し、江戸期の和田村は谷山村の大字「和田」となった。1897年(明治30年)には谿山郡が鹿児島郡に編入されたことにより、鹿児島郡の所属となり、1924年(大正13年)9月1日には谷山村が町制施行したことにより、谷山町の大字「和田」となる。

1957年昭和32年)10月1日に谷山町が市制施行し、谷山市となった。同時に大字をに改め、従来の大字名の和田に「町」を付記し、「和田町」となった。1967年(昭和42年)4月29日には谷山市が鹿児島市と合併し、鹿児島市の町名「和田町」となった[4]

1996年平成8年)2月13日に和田町の一部で住居表示を実施するのに伴い町名整理が行われ、和田一丁目及び和田二丁目が設置された[5][6]。同年11月18日には和田町及び上福元町の一部が慈眼寺町に編入され[7]2008年(平成20年)2月25日には和田町及び下福元町の一部より坂之上一丁目から坂之上八丁目が新設された[8]

2013年平成25年)11月11日に和田町の全域及び谷山塩屋町の全域を以て和田三丁目が設置され[9]、和田町及び谷山塩屋町は廃止された。

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
和田一丁目及び和田二丁目 1996年平成8年) 和田町の一部
慈眼寺町の一部 和田町及び上福元町の一部
坂之上一丁目から坂之上八丁目 2008年平成20年) 和田町の一部
和田三丁目 2013年平成25年) 和田町・谷山塩屋町

施設[編集]

教育
郵便局
  • 和田簡易郵便局
金融機関
寺社

世帯数・人口[編集]

世帯数・人口[表注 1]
世帯数 人口
和田一丁目 965 2,480
和田二丁目 821 2,273
和田町 925 2,273
2,711 6,751

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[10]

町丁 番・番地 小学校 中学校
和田一丁目 全域 鹿児島市立和田小学校 鹿児島市立和田中学校
和田二丁目 全域
和田三丁目 全域

交通[編集]

交通安全教育センター前交差点。手前側が和田町である。反対側は南栄である。

道路[編集]

国道
県道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 注:和田三丁目のうち旧谷山塩屋町の人口は含まない
  3. ^ 『谷山市誌』 p.1137 - 谷山市、1967年
  4. ^ a b 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.668 - 669
  5. ^ 平成8年鹿児島県告示第222号(町の区域の設定及び変更、平成8年2月9日付鹿児島県公報第1033号所収)
  6. ^ かごしま市民のひろば1996年 (平成8年02月号) 第345号 (PDF) - 鹿児島市 2012年4月16日閲覧。
  7. ^ 平成8年鹿児島県告示第1517号(町の区域の設定及び変更、平成8年10月28日付鹿児島県公報第1136号の2所収)
  8. ^ 坂之上地区住居表示実施 - 鹿児島市 2011年12月27日閲覧。
  9. ^ かごしま 市民のひろば 2013年(平成25年)11月 558号 3面 (PDF) - 鹿児島市、2013年11月1日閲覧。
  10. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年5月30日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度30分46.7秒 東経130度30分48.4秒