和蝋燭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤い和蝋燭と燭台
和蝋燭
和ろうそく製作風景
和蝋燭製作作業場

和蝋燭(わろうそく Japanese candle)は、灯具である蝋燭の一種。

材料[編集]

(Japan wax tree)の実から搾り取った木蝋(Japan wax)を加熱して熔かしたものを、和紙およびイグサから作った芯(灯心)の周りに手でかけ、乾燥させてを繰り返して作る。完成した蝋燭は、断面が年輪状になる。和ろうそくの芯は洋ろうそくの綿芯に比べて太く見えるが、芯は筒状で、中は空洞になっている。ハゼの蝋のみで作った蝋燭が最も高級とされる。

特徴[編集]

芯の状態によって炎の揺らぎ方が異なり、その燃え方の表情の変化を好む人もいる。マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』では、和蝋燭の芯の換気構造をファラデーが驚きを持って聴衆に語るエピソードがある。

和ろうそくの側面に絵を描く『絵ろうそく』の文化がある。その理由として、和ろうそくは仏壇に置く風習があり、仏壇には花を飾るが、和ろうそくに花の絵を描くことで、花が枯れたりなくなっても、和ろうそくの花柄の絵で代用ができるという意味がある[1][2]

蝋が垂れるよりも芯が蝋を吸い上げるスピードが速く、蝋垂れが起こりにくい。

販売店にもよるが、一般的に15cmより大きなサイズの和ろうそくになると芯も太くなるため、灯したときに芯が燃え切らず炭化して残ってしまうことがある。そのため、専用の道具を用いて炭化した芯をちぎる「芯切り」を行うことで、芯の長さを調節し火を整えている[3][4]

洋蝋燭より作成に手間がかかるため高価であり、一般には仏具専門店にて販売されるが、西日本ではスーパーマーケット等でも販売されている。西日本では金箔仏壇を使用する例が多いが、和蝋燭の煙に含まれるカーボンが洋蝋燭に比べ少ないので、金箔を汚しにくいためである。

洋蝋燭に比べ光が強く、長時間もつと言われている。ろうそくプレイに使われるのは基本的に和蝋燭である。その理由の一つとして、手がけ和ろうそくの原料の木蝋の融点が50~53℃前後であり、ほかの種類の蝋で作られた同じ直立型のろうそくの融点に比べて低いため、皮膚火傷における安全面への配慮が意識されていることが挙げられる。

歴史[編集]

和ろうそくは、1375年頃の『太平記』の記述に出てくる。その頃に作り始められたと思われる。産地としては、愛知県、京都府、滋賀県、福井県、石川県などが上げられるが、軒数が最も多いのは愛知県といわれている。

2016年に三重県志摩市で開催された第42回先進国首脳会議(伊勢志摩セミット)で、各国首脳への贈答品として「カキツバタ」絵が描かれた和ろうそくが贈られた[5]

種類[編集]

  • 近江和蝋燭(滋賀県伝統的工芸品)
  • 越前和蝋燭(福井県指定郷土工芸品)
  • 七尾和蝋燭
  • 三州岡崎和蝋燭
  • 会津絵蝋燭 (福島県伝統的工芸品)
  • 越後和蝋燭
  • 庄内絵蝋燭

脚注[編集]

  1. ^ 絵ろうそくについて”. 和ろうそくkobe. 2019年4月24日閲覧。
  2. ^ 絵ろうそくの歴史”. 新潟小池ろうそく店. 2019年4月24日閲覧。
  3. ^ 芯切りについて”. 小大黒屋商店. 2019年5月4日閲覧。
  4. ^ about 和ろうそく”. HAZE. 2019年5月4日閲覧。
  5. ^ 伊勢志摩サミット2016”. 松井本和蝋燭工房. 2019年5月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『櫨の道』矢野眞由美、松山櫨復活委員会出版、2015年8月。ISBN 978-4-9908402-0-4。

関連項目[編集]