咲妃みゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さきひ みゆ
咲妃 みゆ
生年月日 (1991-03-16) 1991年3月16日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 宮崎県児湯郡高鍋町
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2014年:雪組へ異動、雪組トップ娘役就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 ユニバーサルミュージック
BLUE LABEL(業務提携)
公式サイト 咲妃みゆオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
春の雪
伯爵令嬢
ルパン三世
るろうに剣心
ローマの休日
幕末太陽傳
舞台
ゴースト
ラブ・ネバー・ダイ
NINE
ドラマ
越路吹雪物語
まだ結婚できない男
 
受賞
第46回『菊田一夫演劇賞』演劇賞(2021年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

咲妃 みゆ(さきひ みゆ、1991年[1]3月16日[1][2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[1][3]

宮崎県[1]児湯郡高鍋町[2][3]日向学院高等学校出身[4]。身長160cm[1][2][4]。血液型A型[5]。愛称は「ゆうみ」[4]

所属事務所はユニバーサルミュージック[6]BLUE LABELと業務提携[1]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[1][7]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[2][8]。その後、月組に配属[2][8][1][4]

2012年、龍真咲愛希れいかトップコンビ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、新人公演初ヒロイン[2][8][4]。入団3年目での抜擢となった[2]。続く「春の雪」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[8]

2013年、「月雲の皇子」で2度目のバウホール公演ヒロイン[8]。好評を博し、同年12月にも再演される。同年、「ルパン」で2度目の新人公演ヒロイン[9]。続く「THE MERRY WIDOW」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[4]

2014年1月29日付で雪組へと組替え[7][4]。同年9月1日付で、早霧せいなの相手役として雪組トップ娘役に就任[7][4]

2015年、「ルパン三世/ファンシー・ガイ!」でトップコンビ大劇場お披露目[10]マリー・アントワネットを演じる[10]

2017年7月23日、「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」東京公演千秋楽をもって、相手役の早霧と共に宝塚歌劇団を退団[7][11]。早霧とのコンビは平成のゴールデンコンビと謳われ[11][12]、トップ就任後の大劇場主演作が5作連続で客席稼働率100%超えを達成し、これは宝塚史上初の記録となった[13][1]。同年9月よりユニバーサルミュージック所属となり、芸能活動を再開[6]

2018年、「越路吹雪物語」(テレビ朝日系)で、テレビドラマに初出演[7][14]。宝塚OGでもある乙羽信子役を演じる[14][7]。また同時期に退団した同期で元花組トップ娘役・花乃まりあと、初舞台以来となる共演を果たした[14][7]

人物[編集]

3歳下の妹がいる[5][15]。小さい頃から身体を動かすことが好きで、とても活発な子どもだった[5]。小学5年生から妹とともにクラシックバレエを習い始める[15][2]

宝塚ファンのいとこの影響で宝塚に憧れを持つ時期もあったがすぐに諦め、中高一貫校時代は合唱部に所属し、ごく普通の学生生活を送っていた[15][2][8]

大学受験を控えた時期に目標が定まらずにいた姿を見て、父親から「同世代の女の子が夢に向かって頑張っている姿を一度見てきなさい」と音楽学校の願書を渡され、受験を勧められた[2][8]。願書の締切間近に受験を決意し、約2ヶ月間のレッスンを経て、初めての受験で合格した[15][8]。合格を知って一番動揺していたのは、受験を勧めた父親だったという[8]。受験のため宝塚へ赴いた際に、月組公演「ME AND MY GIRL」を観たのが初めての宝塚観劇だった[15]

芸名は、いとこの好きな漢字と本名に由来する[2]。愛称の由来は本名から[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

雪組時代[編集]

  • 2014年3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』(全国ツアー) - ロザリー/オスカル(幼少時代)
  • 2014年6 - 8月、『一夢庵風流記 前田慶次』 - 捨丸、新人公演:歌比丘尼(本役:早花まこ)『My Dream TAKARAZUKA』

雪組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

映画[編集]

声優[編集]

  • 2021年10月、『アイの歌声を聴かせて』[30]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 咲妃みゆ公式プロフィール BLUE LABEL。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 咲妃みゆ「お客さんに夢を与える娘役に」…「ロミオとジュリエット」”. 報知新聞社. 2012年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月13日閲覧。 (Internet Archive)
  3. ^ a b c 宝塚雪組娘役トップお披露目公演 高鍋出身・咲妃さん”. 宮崎日日新聞. 2014年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j “咲妃みゆ コメディーだけど涙でサヨナラ!?”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/takarazuka/kiji/20170410s000413D5281000c.html 2020年5月12日閲覧。 
  5. ^ a b c d 『NEW GENERATION III』阪急コミュニケーションズ、2013年、53頁。ISBN 978-4-484-13514-4。
  6. ^ a b 元宝塚初!咲妃みゆ「ユニバーサルミュージック」入りへ 10月タンゴCD&ステージで本格始動 スポーツ報知。[リンク切れ]
  7. ^ a b c d e f g h i “元宝塚トップ娘役・咲妃みゆ、ドラマデビュー『越路吹雪物語』乙羽信子役”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2017年11月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2101210/amp/ 2019年11月24日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m プレシャス!宝塚 神話の里から来たヒロイン/咲妃みゆ”. nikkansports.com. 2013年12月13日閲覧。
  9. ^ a b 月組新人公演 山内和宏氏次女・暁千星 大役抜てき Sponichi Annex。
  10. ^ a b c “咲妃みゆ、ルパン演じる早霧せいなは「多くのファンの心を盗んでらっしゃいます!」”. エキサイトニュース (エキサイト). (2014年9月29日). https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_3300903/ 2020年5月12日閲覧。 
  11. ^ a b c 平成のゴールデンコンビ早霧せいな・咲妃みゆ退団公演 宝塚雪組『幕末太陽傳』『Dramatic“S”!』上演中!”. 宝塚ジャーナル. 2020年5月13日閲覧。
  12. ^ 咲妃みゆインタビュー 宝塚退団後初のコンサート『Concierto del Tango-タンゴのすべて-』に挑む スパイス。
  13. ^ 宝塚トップに就いた瞬間カウントダウン、早霧の退団 日刊スポーツ。
  14. ^ a b c “元花組娘役トップの花乃まりあ、淡島千景さん役大抜てき!本格女優デビューへ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180115/geo18011506000010-n3.html 2018年1月16日閲覧。 
  15. ^ a b c d e 『波瀾爆笑!?我が人生 咲妃みゆ/宝塚GRAPH 2014年10月号』 阪急コミュニケーションズ、2014年、78-81頁。
  16. ^ 浦井健治が咲妃みゆ&秋元才加と愛を紡ぐ!ミュージカル『ゴースト』ついに開幕 スパイス。
  17. ^ a b c 咲妃みゆ公式プロフィール 咲妃みゆオフィシャルサイト。
  18. ^ 「シャボン玉とんだ〜」に畠中洋、吉野圭吾、濱田めぐみ、福井晶一、土居裕子ら ステージナタリー。
  19. ^ 城田優主演ミュージカル『NINE』に咲妃みゆ、すみれら全キャストが決定&PR動画公開 メディアスパイス。
  20. ^ a b c 第46回菊田一夫演劇大賞は風間杜夫、演劇賞に加藤和樹・海宝直人ら ステージナタリー。
  21. ^ 玉野和紀の明治座コンサート、出演に大野拓朗・咲妃みゆ・吉野圭吾ら ステージナタリー。
  22. ^ 浦井健治、咲妃みゆ・桜井玲香ら出演で、ミュージカル『ゴースト』の上演が2021年に決定 スパイス。
  23. ^ 古田新太と尾上右近が汲み取り業者の親子に、“善人不在”のミュージカル「衛生」 ステージナタリー。
  24. ^ 京本大我主演「ニュージーズ」咲妃みゆ・松岡広大・加藤清史郎ら全キャスト解禁”. ステージナタリー (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  25. ^ ミュージカル『ニュージーズ』公式サイト > CAST&CREATIVES”. 2021年7月30日閲覧。
  26. ^ 舞台「千と千尋の神隠し」メインキャスト解禁、夏木マリ&朴ろ美が湯婆婆・銭婆に ステージナタリー。
  27. ^ “<まだ結婚できない男>咲妃みゆ、塚本高史との共演は「感動が毎シーンあります」”. ザテレビジョン. (2019年11月26日). https://thetv.jp/news/detail/213654/ 2019年11月26日閲覧。 
  28. ^ Inc, Natasha. “「主夫メゾン」結木滉星 / 稲葉友 / 奥野壮 / 磯村勇斗 / 瀬戸利樹インタビュー - 映画ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 映画ナタリー. 2021年3月7日閲覧。
  29. ^ “窮鼠はチーズの夢を見る」大倉忠義の妻役は咲妃みゆ、「眩しかったです!」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年8月14日). https://natalie.mu/eiga/news/391664 2020年8月14日閲覧。 
  30. ^ “土屋太鳳演じる少女には秘密が…「アイの歌声を聴かせて」予告&新キャスト解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年7月15日). https://natalie.mu/eiga/news/436874 2021年7月15日閲覧。