忠州 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

忠州(ちゅうしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から民国初年にかけて、現在の重慶市中部に設置された。

概要[編集]

618年義寧2年)、巴東郡臨江県に臨州が置かれた。臨江県が分割されて豊都県が置かれた。619年武徳2年)、により南浦州武寧県が分割されて南賓県が置かれ、臨江県が分割されて清水県が置かれ、この2県が臨州に帰属した。625年(武徳8年)、南浦州の廃止にともない、武寧県が臨州に帰属したが、この年のうちにまた浦州にもどされた。626年(武徳9年)、隣州の廃止により墊江県が臨州に帰属した。634年貞観8年)、臨州は忠州と改められた。742年天宝元年)、忠州は南賓郡と改称され、清水県は桂渓県と改められた。758年乾元元年)、南賓郡は忠州の称にもどされた。忠州は山南東道に属し、臨江・豊都・南賓・墊江・桂渓の5県を管轄した[1]

北宋のとき、忠州は臨江・墊江・南賓の3県を管轄した。1265年咸淳元年)、南宋により忠州は咸淳府に昇格した。咸淳府は夔州路に属し、臨江・墊江・南賓・豊都・竜渠の5県を管轄した[2]

により咸淳府は忠州の称にもどされた。忠州は重慶路に属し、臨江・南賓・豊都の3県を管轄した[3]

のとき、忠州は重慶府に属し、酆都・墊江の2県を管轄した[4]

1734年雍正12年)、により忠州は直隷州に昇格した。忠州は四川省に属し、酆都・墊江・梁山の3県を管轄した[5]

1913年中華民国により忠州は廃止され、忠県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志二
  2. ^ 宋史』地理志五
  3. ^ 元史』地理志三
  4. ^ 明史』地理志四
  5. ^ 清史稿』地理志十六