哀歌 (エレジー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
哀歌(エレジー)
平井堅シングル
初出アルバム『FAKIN' POP
リリース
録音 2006年
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
プロデュース 亀田誠治
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2007年2月度月間10位(オリコン)
  • 2007年度年間68位(オリコン)
  • 平井堅 シングル 年表
    バイマイメロディー
    2006年
    哀歌 (エレジー)
    2007年
    君の好きなとこ
    2007年
    テンプレートを表示

    哀歌(エレジー)』は、2007年1月17日に発売された日本の男性歌手・平井堅の25枚目のシングル。発売元はデフスターレコーズで、規格品番はDFCL-1340。

    概要[編集]

    • 35歳の誕生日にリリースされた、25枚目のシングル。
    • 表題曲は映画『愛の流刑地』主題歌で、「瞳をとじて」以来の映画タイアップとなる。
    • PVでは曲と映画のイメージにあわせ、上半身裸の姿を披露している。
    • 哀歌(エレジー)のシングルが発売された日に「君の好きなとこ」のシングル発売が翌月に決定した。

    収録曲・解説[編集]

    1. 哀歌 (エレジー)
      (作詞・作曲:平井堅、編曲:亀田誠治
      東宝映画・日テレ・読売テレビ制作作品『愛の流刑地』(R-15)(1月13日全国ロードショー作品)(主演:豊川悦司寺島しのぶ、監督:鶴橋康夫、配給:東宝)主題歌。原作と映画台本を元に書き下ろされた楽曲で、2006年夏ごろから曲作りが進められていた。ヒロイン・冬香の描写にインスパイアを受けた結果、初めて女性目線の楽曲になっている。タイトルは100以上もの案の中から、「エレジー」という言葉の雰囲気と実際の意味が曲に合っているということでつけられた。ラジオでは、間奏のコーラス部分がカットされたバージョンがしばしばオンエアされている。
    2. Kiss
      (作詞・作曲:平井堅、編曲:石成正人)
      タイトルどおり、キスの瞬間を描いたもの。歌い方も最近にはなかったフェイクやスキャットを多用し、R&Bを意識したものになっている。
    3. POP STAR 〜winter lover version〜
      (作詞・作曲:平井堅、編曲:亀田誠治)
      ドラマ『危険なアネキ』挿入歌。大ヒットした「POP STAR」の別バージョンで、ドラマ『危険なアネキ』でも使用されていたミディアム・スローバージョン。
    4. 哀歌 (エレジー) 〜less vocal〜
      (作曲:平井堅、編曲:亀田誠治)

    関連作品[編集]

    関連項目[編集]

    主題歌となっている映画にて、ヒロイン・冬香を演じた女優。
    倖田來未35枚目のシングル。ドラマ版『愛の流刑地』に「愛証」が使われている。