哲多郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山県哲多郡の位置

哲多郡(てつたぐん)は、岡山県備中国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、新見市の一部(千屋実以北を除く高梁川以西)にあたる。

歴史[編集]

旧新見市の高梁川以東の地域は、かつては哲多郡に属していたのだが、後に阿賀郡に割譲・編入された。哲多は「てつた」・「てった」・「てた」などと呼ばれていた。明治の郡区町村編制法施行時に「てつた」に正式な呼称が定められた。ただし、後年に合併によって生まれた旧・阿哲郡哲多町は「てった」と読むのが正式名称。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 倉敷代官所 11村 下大野部村、大竹村、蚊家村、小組[1]、大組[2]、老栄村、成松村、田淵村、大野村、花木村、●井村
藩領 備中松山藩 17村 矢戸村、●大野部村、八鳥村、畑木村、矢田東村、矢田西村、上神代村、油野村、●下神代村、宮河内村、下成松村、則安村、金谷村、石蟹村、長屋村、荻尾村、法曽村
備中新見藩 6村 上組[3]、下組[4]、坂本村、千屋村、釜村、高瀬村
  • 慶応4年5月16日1868年7月5日) - 幕府領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治元年12月7日1869年1月19日) - 松山藩が戊辰戦争後の処分により減封。郡内の領地が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年6月5日1872年7月10日) - 小田県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年)(31村)
    • 小組・大組が合併して井倉村となる。
    • 矢田東村・矢田西村が合併して矢田村となる。
    • 上組・下組が合併して西方村となる。
  • 明治8年(1875年
    • 12月20日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
    • 下大野部村が大野部村に合併。(30村)
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての哲多郡が発足。郡役所が井村上市に設置。
  • 明治14年(1881年) - 下成松村が成松村に合併。(29村)
  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・新見市。(10村)
    • 上市村 ← 井村、坂本村、西方村、金谷村
    • 新郷村 ← 千屋村、釜村、高瀬村
    • 神代村 ← 下神代村、油野村
    • 矢神村 ← 上神代村、矢田村
    • 野馳村 ← 大野部村、八鳥村、畑木村、大竹村
    • 新砥村 ← 蚊家村、大野村、田淵村
    • 万歳村 ← 老栄村、荻尾村、矢戸村
    • 本郷村 ← 則安村、宮河内村、花木村、成松村
    • 石蟹郷村 ← 井倉村、法曽村、長屋村、石蟹村
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、哲多郡および阿賀郡の一部の区域をもって阿哲郡が発足。同日哲多郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 記載は井倉村小組。
  2. ^ 記載は井倉村大組。
  3. ^ 記載は西方村上組。
  4. ^ 記載は西方村下組。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1900年
次代:
阿哲郡