唐川安夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
唐川 安夫
Yasuo Karakawa.jpg
生誕 1895年明治28年)11月19日
日本の旗 日本 広島県
死没 (1977-07-29) 1977年7月29日(81歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1917 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

唐川 安夫(からかわ やすお、1895年明治28年〉11月19日 - 1977年昭和52年〉7月29日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

福山中学校広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1917年大正6年)5月、陸軍士官学校(29期)を卒業。同年12月、砲兵少尉に任官し野砲兵第1連隊付となる。陸軍砲工学校高等科を卒業し、さらに1927年昭和2年)12月、陸軍大学校(39期)を卒業した。

野砲兵第1連隊中隊長参謀本部付勤務、参謀本部員、イタリア駐在、陸軍兵器本廠付、陸軍重砲兵学校教官、参謀本部員を経て、1938年(昭和13年)6月から翌年3月まで大本営謀略課長を務めた。イタリア大使館付武官、参謀本部欧米課長、参謀本部謀略課長を歴任し、日中戦争第13軍参謀長として出征。1941年(昭和16年)10月、陸軍少将に昇進。

1942年(昭和17年)12月1日、支那派遣軍総参謀副長となり、1944年(昭和19年)12月14日、第6方面軍参謀長に異動。1945年(昭和20年)3月1日、陸軍中将に進級し、同年4月30日に第205師団長に補され、高知県において本土決戦に備え終戦を迎えた。同年12月、予備役に編入され、東部復員連絡局総務部長を経て、1946年(昭和21年)6月から翌1947年(昭和22年)2月まで、東部復員連絡局長に在任。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

家族親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • ^ 『官報』第4586号「叙任及辞令」1942年4月27日。
  • ^ 『官報』第4586号「叙任及辞令」1942年4月27日。