唐桑南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
唐桑南インターチェンジ
所属路線 E45 三陸自動車道
起点からの距離 121.8 km(仙台港北IC起点)
気仙沼北IC(事業中)
(3.0 km) 唐桑小原木IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
供用開始日 2010年12月19日
通行台数 x台/日
所在地 988-0523
宮城県気仙沼市唐桑町只越
備考 仙台方面のみ利用可
テンプレートを表示

唐桑南インターチェンジ(からくわみなみインターチェンジ)は、宮城県気仙沼市只越に建設中の三陸自動車道インターチェンジ (IC) である。仙台方面のみ利用できるハーフインターチェンジとなる予定[1]

歴史[編集]

2010年12月19日唐桑道路の開通と同時に供用[2]。開通当初は一般的なICではなく、国道45号唐桑トンネルを唐桑半島方面に抜けた先に国道が合流・分岐する形での接続であり、名前もつけられていなかった[3]。その後2011年7月、東日本大震災からの復興事業として三陸自動車道全線を事業化するにあたって、ルート概要の意見募集の際に当出入口に唐桑南インターチェンジの仮称がつけられ[4]、同年11月に当ICの仙台側の接続道路・気仙沼道路が事業化され[5]2020年令和2年)度末に開通する予定である[6]

道路[編集]

本線[編集]

接続している道路[編集]

[編集]

E45 三陸自動車道
気仙沼北IC(事業中) - 唐桑南IC - (29) 唐桑小原木IC
  • 仙台方面開通後は、当ICから宮古方面の利用はできない予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三陸沿岸道路のルート及び出入り口の位置 位置図 (PDF)”. 国土交通省. 2018年3月31日閲覧。
  2. ^ 「三陸道 唐桑道路が開通 気仙沼 県内利用区間61%に」『河北新報』2010年12月20日朝刊 11面
  3. ^ 三陸縦貫自動車道 唐桑道路(延長3.0 ) 12月19日(日)15時開通! (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 (2015年5月15日). 2015年11月8日閲覧。
  4. ^ 三陸沿岸道路についての意見募集(7月10日まで)”. 国土交通省東北地方整備局. 2015年11月29日閲覧。
  5. ^ 三陸沿岸道路 気仙沼~陸前高田”. 国土交通省仙台河川国道事務所. 2015年11月29日閲覧。
  6. ^ “復興道路・復興支援道路が2020年度までに開通” (pdf) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局, (2019年8月8日), http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/75962_1.pdf 2019年8月8日閲覧。 

関連項目[編集]