半保護されたページ

唐橋ユミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

からはし ゆみ
唐橋 ユミ
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福島県喜多方市[1]
生年月日 (1974-10-22) 1974年10月22日(46歳)
血液型 O型
最終学歴 実践女子大学文学部英文学科[2]
所属事務所 三桂
職歴テレビユー福島契約アナウンサー
(1999年4月 - 2004年3月)[2]
活動期間 1999年 -
公式サイト 唐橋ユミ プロフィール
出演番組・活動
出演中サンデーモーニング
出演経歴まるとく
吉田照美 ソコダイジナトコ
バイキング
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

唐橋 ユミ(からはし ユミ、1974年10月22日 - )は、日本フリーアナウンサー。元テレビユー福島契約アナウンサー。

福島県喜多方市出身。実践女子大学文学部英文学科卒業。三桂所属。城西国際大学非常勤講師。きたかた応援大使(喜多方市)[3][4]、しゃくなげ大使(福島県)[5]を委嘱されている。

来歴

福島県立会津女子高等学校から、実践女子大学文学部英文学科を卒業した後、高橋圭三主宰の圭三塾へ。その後一旦地元に戻り、1999年にテレビユー福島契約アナウンサーとして入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当した。

2004年3月に5年間の契約が満了し退社、「福島県内の他の局にもいきづらいし、ならば東京に出てしまおう」と一念発起して30歳で再上京[6]三桂に所属して、在京キー局の番組に出演している。

ともにDJを務める作詞家・売野雅勇の誘いを受けて、売野プロデュースによる楽曲で自身が出演する『イチ押し 歌のパラダイス』のエンディング曲「失くさないで、忘れないで」(作詞・売野雅勇、作曲・林哲司、編曲・船山基紀)を歌って2020年4月に歌手デビューした[6][7]

人物

実家は清酒「会津ほまれ」などで知られるほまれ酒造の創業家[6]。自身も広告などに出演することがある。

レギュラー出演中の『サンデーモーニング』では、手書きのフリップクレヨンで描いたイラスト、段ボールで作ったミニチュア模型など、全て自作の小道具を用いて、解説を行う[8]。トレードマークとなっている眼鏡は、元々視力が悪く当初はコンタクトレンズを使用して出演していたが、番組の打ち合わせ会議で眼鏡をかけているの見た事務所の会長である関口宏が眼鏡のままテレビに出ることを提案し、2007年以降は眼鏡をかけて出演するようになった[1][6]。また、チェ・ジウと打ち合わせしていた時に「眼鏡の方が似合うよ」と言われたこともそのきっかけであるという[9]

かつてのレギュラー番組『吉田照美 ソコダイジナトコ』ではアシスタントを務めると共に「ユミのどすこいデリバリー」のコーナー(金曜日)も担当し、番組内で放送しているミニドラマ「音楽喫茶 とまり木」では店の来客として様々な年代のキャラクターを演じていた。この他には、「1134カラパッチン」というフレーズでも知られていた[10]

趣味・特技は、大相撲観戦(魁皇のファン)、料理・洋服リメイクなど。近年ではゴルフに興じている。プレバト!!では漢字の書き順の知識を披露[11]。開運、なんでも鑑定団では、曽祖父が買ったとする松平定信の書を鑑定依頼した。評価額は自己申告よりも大幅ダウンしたものの、本物であった。

学生時代に4年間チアリーディング部にいた[12]。電車に乗る時はつり革にもポールにも一切触らない[12]。つり革いらずな立ち方をしているので電車が揺れても大丈夫[12]。部活に入っている時に人の肩の上など不安定な場所に立つ中で覚えた[12]。押さえても動かないという[12]

健康番組に出演していたことから友人たちにアドバイスができるようになったという。

家族

  • 父 唐橋幸市郎 - ほまれ酒造第四代社長(現・会長)、福島県酒造協同組合元理事長[13]
  • 兄 唐橋裕幸 - ほまれ酒造第五代社長
  • 唐橋宙子(ひろこ) - シンガー

出演

出演番組

現在の出演

過去の出演

レギュラー出演
単発出演ほか

舞台

  • SmokeCompany vol.1「夏の終わりに」(2011年8月31日、笹塚ファクトリー)日替わりゲスト

映画

CM

その他

  • 東日本大震災追悼復興祈念式(2014年)[15] - 司会
  • ふくしまコンサート「復興のひびき」(2014年)[15] - 司会
  • 諸橋近代美術館「サルバドール・ダリの世界展」 - 音声ガイド

作品

  • 失くさないで、忘れないで (NHKラジオ第1『イチ押し 歌のパラダイス』エンディングテーマ、2020年4月1日 - )[7]

著書

フォトエッセイ

  • わたしの空気のつくりかた 出すぎず、引きすぎず、現場を輝かせる仕事術(2014年10月15日、徳間書店[16]

連載

  • 東京新聞/「言いたい放談」 隔週日曜連載
  • 週刊ゴルフダイジェスト 「唐橋ユミのイノセントトーク このスタンスでよろしいでしょうか」 隔週連載

脚注

  1. ^ a b “唐橋ユミ、初エッセーでメガネ外した「下着を脱ぐのと同じ」”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2014年10月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141003/oth14100305030010-n1.html 2014年10月20日閲覧。 
  2. ^ a b 唐橋 ユミ / 株式会社 三桂”. 2010年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  3. ^ きたかた応援大使 唐橋 ユミさんと「乾杯」”. 喜多方市ホームページ (2017年10月2日). 2019年9月9日閲覧。
  4. ^ きたかた応援大使を委嘱しました”. 喜多方市ホームページ (2018年4月2日). 2019年9月9日閲覧。
  5. ^ しゃくなげ大使”. 福島県ホームページ (2019年8月29日). 2019年9月9日閲覧。
  6. ^ a b c d “歌うキャスター唐橋ユミ 眼鏡は関口宏の鶴の一声で”. 日刊スポーツ. (2020年4月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004120000523.html 2020年4月19日閲覧。 
  7. ^ a b “TBS「サンデーモーニング」唐橋ユミアナ、歌手デビュー!「ハリさんには言えません…」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/21/kiji/20200421s00041000032000c.html 2020年4月21日閲覧。 
  8. ^ この解説に対して大沢啓二から「あっぱれ」をもらうことがあった。今山佳奈の退任後、2008年12月よりスポーツコーナー(週刊御意見番)専任担当となっている。
  9. ^ 週刊ポスト 2011年5月20日号 147-148ページ
  10. ^ 吉田照美 ソコダイジナトコ スタッフブログ『7月14日(木)の放送は・・・』”. 『吉田照美 ソコダイジナトコ』番組公式サイト (2011年7月14日). 2014年10月21日閲覧。
  11. ^ 2013年8月29日放送『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』”. TVでた蔵 (2013年8月29日). 2014年10月21日閲覧。
  12. ^ a b c d e 「サンデーモーニング」キャスター・唐橋ユミアナ 私のコロナ対策はつり革いらず「チア立ち」です” (2020年4月17日). 2020年4月18日閲覧。
  13. ^ 酒蔵探訪 19 【2006年11月】「会津ほまれ」 ほまれ酒造株式会社”. 福島県南酒販. 2020年4月19日閲覧。
  14. ^ 裏磐梯五色沼 中村征夫 神秘の水中世界を撮る”. NHK. 2017年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月12日閲覧。
  15. ^ a b “女優・芦名星さんが「追悼詩」朗読 11日の震災復興祈念式”. 福島民友新聞. (2014年3月7日). オリジナルの2014年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140414041234/http://www.minyu-net.com/news/topic/140307/topic2.html 2014年3月8日閲覧。 
  16. ^ 唐橋ユミ『わたしの空気のつくりかた 出すぎず、引きすぎず、現場を輝かせる仕事術』徳間書店、2014年10月。ISBN 9784198638559。