唐橋在正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

唐橋 在正(からはし ありさだ、 1852年12月13日(嘉永5年11月3日[1])- 1932年昭和7年)4月4日[1][2])は、日本の政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

山城国京都式部大輔・唐橋在光の二男として生まれる[1][3][4]。義兄唐橋在綱の死去に伴い、1886年11月17日、子爵を襲爵した[1][5]

慶応元年10月28日1865年12月15日)元服して昇殿を許され文章得業生に補された[6]1872年アメリカ合衆国に留学[2][3][4][7]。帰国後、1875年5月10日、茨城県十四等出仕となる[2][6][7]

1890年7月、貴族院子爵議員に選出され、研究会に所属して活動し、1925年7月まで在任した[2]。その他、英照皇太后御葬祭斎官、大喪使祭官、御歌所参候などを務めた[2][4][7]

1931年10月31日に隠居した[1][8]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、455-456頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』41頁。
  3. ^ a b 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』233頁。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録』第8版、カ145頁。
  5. ^ 『官報』第1017号、明治19年11月18日。
  6. ^ a b 『唐橋家譜』
  7. ^ a b c 『日本人名大辞典』553頁。
  8. ^ 『官報』第1461号、昭和6年11月11日。
  9. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。

参考文献[編集]

  • 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』日外アソシエーツ、2005年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。
  • 『唐橋家譜』1875年。東京大学史料編纂所所蔵。


日本の爵位
先代:
唐橋在綱
子爵
唐橋家第2代
1886年 - 1931年
次代:
唐橋在知