唐橋在知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

唐橋 在知(からはし ありとも、 1887年明治20年)9月18日 - 1973年昭和48年)7月30日)は、日本の神職華族正四位子爵

経歴[編集]

1887年、貴族院子爵議員唐橋在正の二男として生まれる。

明治大学政経科卒業。1931年、父・在正の隠居に伴い子爵を襲爵し、華族制度廃止まで爵位を保有した。

また、神職を務め、霊山神社の宮司に就任した。

殿掌、掌典

親族[編集]

  • 唐橋在正(貴族院子爵議員、子爵)
  • 母 唐橋竹子(権大納言綾小路有長五女)
  • 錦小路頼孝(貴族院子爵議員、叔父・錦小路在明養子)
  • 妹 清岡峯子(清岡長言妻)
  • 叔父 錦小路在明(子爵)
  • 妻・シズ(山口県資産家山本家の娘。姉の夫の弟に藤井厚二

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
唐橋在正
子爵
唐橋家第3代
1931年 - 1947年
次代:
華族制度廃止