唐訓方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

唐 訓方(とう くんほう、Tang Xunfang1810年 - 1877年)はの軍人・官僚。字は義渠

湖南省常寧出身。1840年挙人となる。1853年曽国藩が水軍を創設すると副右営を領した。後に陸軍に転じて羅沢南に従って武昌の援軍に赴き、知府に抜擢された。1856年、土匪高二が反乱をおこし襄陽を包囲すると、これを破り襄陽知府となった。

太平天国陳玉成軍が捻軍とともに蘄州黄州に進撃すると、唐訓方は襄陽から応援に赴き、陳玉成軍を破り、バトゥルの称号を得た。1860年、湖北布政使となった。

1862年、安徽巡撫李続宜が母の喪に服するため帰郷すると、唐訓方が安徽巡撫代理となった。苗沛霖の反乱に苦戦し、翌年にセンゲリンチン(僧格林沁)の援軍が来るまで鎮圧できなかった。1864年、湖北按察使代理、ついで湖北巡撫代理となり、さらに直隷布政使となった。直隷布政使として軍を率いて捻軍との戦いにあたった。


先代:
李続宜
安徽巡撫
1862-1863
次代:
喬松年