啄木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

啄木(たくぼく)とは、雅楽における琵琶の曲の1つ。

平安時代承和年間に藤原貞敏より持ち帰った琵琶の三秘曲(啄木・流泉・揚真操)の1つとされる[1][2]。ただし、異説も入れると2種類の調絃法があったとされている[3]

この3曲の伝授は真言宗における三部灌頂と同じようにみなされ、その中でも「啄木」は秘曲中の秘曲とされた[2]。平安時代末期の藤原孝道は、「啄木」の曲に執着するあまり病気になったと言われ、同じ藤原師長の門人であった藤原定輔とは「啄木」の伝授や後鳥羽院への御師役を巡って激しく争い[4]鴨長明が伝授を受けていないのに無断で「啄木」を演奏したとして後鳥羽院へ訴えを起こす[5]など、多くの逸話を残している[2]

現在、藤原定輔による伝授の記録や楽譜などが宮内庁書陵部の「伏見宮本楽書類」の中に伝存している[1]ものの、曲そのものは失われてしまっている[3]。これに対して、昭和時代後期に林謙三による曲の復原の試みが行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 蒲生「啄木」『平安時代史事典』
  2. ^ a b c d 磯「啄木」『日本音楽大事典』
  3. ^ a b 東儀「啄木」『国史大辞典』
  4. ^ 『古今著聞集』巻15「宿執」496段
  5. ^ 『文机談』

参考文献[編集]

  • 東儀信太郎「啄木」(『国史大辞典 9』(吉川弘文館、1988年) ISBN 978-4-642-00509-8)
  • 磯水絵「啄木」(『日本音楽大事典』 (平凡社、1989年) ISBN 978-4-256-10911-3)
  • 蒲生美津子「啄木」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7)