商経学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

商経学部(しょうけいがくぶ、英称: faculty of commerce and economics)は、商学経営学経済学会計学および産業学貿易学を中心として学ぶ大学学部である。

歴史[編集]

いくつかの大学が旧制大学時代に商経学部を置いていた。また、1947年昭和22年)に学校教育法(昭和22年法律第26号)が施行されて新制大学制度ができると、いくつかの既存の教育施設は、これまでの組織を改組して、商経学部を置くようになった。

日本において、高度経済成長前後に、社会的な学問分野が体系的に整理されていくと、商経学部は、経済学部経営学部商学部などに分割されていき、その中で千葉商科大学の商経学部が、日本で唯一の商経学部となる。

過去に商経学部を置いていた国立大学[編集]

なし

過去に商経学部を置いていた公立大学[編集]

合併元の神戸商科大学は、兵庫県内の公立高等商業学校として開校した、兵庫県立神戸高等商業学校に前身を持っている。兵庫県立神戸高等商業学校は、1948年昭和23年)に新制大学である神戸商科大学に改組され、商経学部のみを置く単科大学となった。

旧制大学時代の官公立大学、新制大学時代(現代)の国公立大学の中で商経学部が置かれたのは、神戸商科大学のみであり、「商経学部」としては、比較的知名度があった。1948年(昭和23年)当初は、学部内に経済学科と経営学科を置き、1963年(昭和38年)に管理科学科を開設した。

神戸商科大学は、2004年平成16年)に、共に設置者兵庫県である姫路工業大学兵庫県立看護大学合併して兵庫県立大学となった。商経学部は、改組されて経済学部国際経済学科、応用経済学科)と経営学部(組織経営学科、事業創造学科)へと移行した。

2019年度、兵庫県立大学は経済学部と経営学部を国際商経学部へ改組する予定[1]

過去に商経学部を置いていた私立大学[編集]

関連項目[編集]