問田の大方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

問田の大方(といたのおおかた、生年不詳 - 元和5年(1619年6月21日)は、戦国時代から江戸時代の女性。中国地方大名小早川隆景の正室。沼田小早川氏小早川正平の娘。小早川繁平の妹。名は不明。文書中に見える正式な表記は問田大方である。

生涯

小早川氏の本家・沼田小早川家の当主・小早川正平の娘として生まれるが、父・正平は21歳の若さで討死したため、兄・小早川繁平が沼田小早川家の家督を継いだ。しかし、繁平は幼少の上に病弱だったため、大内義隆毛利元就尼子氏の侵攻が始まった際に防げないと懸念され、天文19年(1550年)、尼子氏と内通した疑いで拘禁し、強引な手段で強制的に隠居・出家に追い込まれた。

天文20年(1551年)、竹原小早川家を継いでいた毛利元就の三男・小早川隆景に沼田小早川家の家督も継がせるために隆景と結婚。二人の間に子はなかったが、隆景は側室を置かず、夫婦仲は睦まじいものであった。そのため、毛利元就の末子である才菊丸を養子に迎え、小早川元総(後の小早川秀包)と名乗らせて、家督を継がせた。

夫・隆景の死後は毛利氏長州転封にしたがって周防国吉敷郡問田に移り住み、問田の大方と呼ばれた。 法名は慈光院月渓永智。墓は山口県山口市下小鯖鳴滝の泰雲寺にある。

関連項目

今日は何の日(7月16日

もっと見る