善福院 (伊賀市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
善福院
山門
所在地 三重県伊賀市上野寺町1176
位置 北緯34度45分55秒
東経136度08分03秒
山号 松涼山
宗派 真言宗豊山派
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 天平年間(729年 - 749年)
開基 不明
別称 ゆきぬけ寺
札所等 三重四国八十八箇所 32番札所
伊賀四国八十八箇所 76番札所
法人番号 8190005005803
テンプレートを表示

善福院(ぜんぷくいん)は、三重県伊賀市にある、真言宗豊山派の仏教寺院。山号は松涼山(しょうりょうざん)。本尊十一面観世音菩薩

歴史[編集]

寺伝によると本尊の十一面観音立像は、大和国長谷寺の本尊である十一面観音立像(重要文化財)の、試作であったと伝えられることから、当山は天平年間(729年 - 749年)には存在していたことが伺われる。

昭和36年(1961年)の台風により、樹齢400年と推定されていたの大木が倒れてしまい、その後信者らにより「影向の松」と称し、三代目が植えられている。

伽藍・境内[編集]

本堂

本堂には本尊の十一面観世音菩薩の他、柳谷観世音立像、地蔵菩薩座像等が安置されており、境内には、歓喜天を祀る聖天堂、本堂の前には享保4年(1719年)建立の宝篋印塔大正11年(1922年)建立の石造十三重塔の他、白龍王神、八大龍神と刻まれた石造の碑がある。

当山は、寺町と新町の中間にあり、境内の通路を通って両町への行き来が出来ることから、「ゆきぬけ寺」として、近隣の人々から親しまれている。

周辺[編集]

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 滝本昭二『三重四国八十八ヵ所霊場』三重四国八十八ヵ所霊場会、82 - 83頁。

関連項目[編集]