喜々津村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ききつむら
喜々津村
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
喜々津村大草村伊木力村多良見村
現在の自治体 諫早市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
西彼杵郡
総人口 5,147
国勢調査、1950年)
隣接自治体 長崎市諫早市、西彼杵郡大草村伊木力村矢上村北高来郡古賀村
喜々津村役場
所在地 長崎県西彼杵郡喜々津村中里名字馬場26番地
 表示 ウィキプロジェクト

喜々津村(ききつむら)は、長崎県西彼杵郡にあった村。1955年(昭和30年)に北隣[1]大草村および西隣[1]伊木力村と合併し、多良見村となった。

現在の諫早市多良見地域の東部にあたる。

地理[編集]

  • 山:井樋ノ尾岳、虚空蔵山、大山
  • 河川:喜々津川、井樋ノ尾川、阿蘇ノ川、中里川、木床川
  • 港湾:大村湾、喜々津漁港

沿革[編集]

地名[編集]

を行政区域とする。喜々津村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 市布名(いちぬの)
  • 囲名[2]
  • 木床名(きどこ)
  • 化屋名(けや)
  • 中里名
  • 西川内名(にしかわうち、にしのこうち)

交通[編集]

鉄道[編集]

日本国有鉄道

(諫早市:旧真津山村) - 喜々津駅 - (大草村)

現在、旧村域には喜々津駅のほか、1972年(昭和47年)に旧東長崎町域を経由して長崎市内に至る新線の開業に伴って、市布駅が設置されている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1955年2月1日
  2. ^ 『西彼杵郡現勢一班』のうち「喜々津村現勢概要」に当地名が見られないが、代わりに船津名と記載されている。

関連項目[編集]