喜久田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 福島県 > 郡山市 > 喜久田町
喜久田町
きくた
日章旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
自治体 郡山市
旧自治体 安積郡喜久田村
面積
15.75km²
世帯数
4,388世帯
総人口
12,002
住民基本台帳、2016年1月1日現在)
人口密度
762.03人/km²
隣接地区 熱海町片平町富久山町富田町
郡山市役所喜久田行政センター
北緯37度27分12秒 東経140度20分35秒 / 北緯37.45333度 東経140.34306度 / 37.45333; 140.34306座標: 北緯37度27分12秒 東経140度20分35秒 / 北緯37.45333度 東経140.34306度 / 37.45333; 140.34306
所在地 〒963-0541
福島県郡山市喜久田町堀之内字下河原1
リンク [喜久田町/郡山市 喜久田行政センター公式ページ]
喜久田町の位置(福島県内)
喜久田町
喜久田町
特記事項:郵便番号は963-05xx
テンプレートを表示

喜久田町(きくたまち)は福島県郡山市にある。かつては福島県中通り中部、安積郡に属していた喜久田村だった。

概要[編集]

明治時代初期までは水利が悪い丘陵地帯であったが、明治維新による士族救済の国家プロジェクト安積原野開拓により安積疏水灌漑が開始されてから農業が盛んとなる。

郡山市との合併後に東北自動車道が開通し、郡山IC郡山ジャンクションが喜久田町地域に設置された事から、交通の要所である郡山市の高速道路における十字路がある重要な地域となった。

地理[編集]

歴史[編集]

年表[編集]


行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 市制・町村制以前の変遷表
  • 市制・町村制以後の変遷表

人口・世帯[編集]

人口[編集]

総数 [単位: 人]

2010年(平成22年)G50.pngG50.pngG05.pngG01.pngG01.pngG01.pngG01.png 10,999
2015年(平成27年)G50.pngG50.pngG10.pngG05.pngG01.png 11,679


世帯[編集]

総数 [単位: 世帯]

2010年(平成22年)R10.pngR10.pngR10.pngR05.png 3,554
2015年(平成27年)R10.pngR10.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.pngR01.pngR01.png 3,930


行政[編集]

県管轄の機関[編集]

市管轄の機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バ ス[編集]

道路[編集]

産業[編集]

農業[編集]

  • 田畑が広がる

工業[編集]

商業[編集]

  • 南東北総合卸センター
  • ヨークベニマル八山田店 - 富田町、富久山町との境界付近に立地
  • 喜久田駅周辺に商店街、国道49号と福島県道296号荒井郡山線の一部沿線にロードサイド店舗が所在する。

教育[編集]

小学校
  • 郡山市立喜久田小学校 - 旧喜久田村立喜久田小学校1890年(明治23年)創立。
中学校
  • 郡山市立喜久田中学校 - 旧喜久田村時代の1947年(昭和22年)喜久田村立喜久田中学校として創立。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

四季の里緑水苑
藤田川ふれあい桜

祭事[編集]

  • 4月 喜久田桜まつり(藤田川ふれあい桜まつり)
  • 8月 サマーフェスティバルインきくた(喜久田ふれあいセンターにて、お笑いライブ、花火大会など)
  • 10月 卸団地びっくり市(南東北総合卸センターにて、特価品販売、ステージイベント、縁日・飲食コーナー、遊具など)

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目[編集]