喜劇 ここから始まる物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
喜劇 ここから始まる物語
監督 斎藤耕一
脚本 田波靖男
製作 渡辺晋
出演者 植木等
山口いづみ
音楽 青山八郎
撮影 坂本典隆
編集 富宅理一
製作会社 渡辺プロ
松竹
配給 松竹
公開 1973年5月2日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 ここから始まる物語(きげき ここからはじまるものがたり)は、1973年に、渡辺プロ松竹が制作、松竹が配給した植木等主演、斎藤耕一監督の映画。

概要[編集]

植木等が主演のためか、タイトルに喜劇と付いてあるが、東宝クレージー映画のような喜劇色はあまり無い。1973年という年代からすると、植木が喜劇俳優から性格俳優へ本格進出した初期の作品といえる。

ストーリー[編集]

小説を書いている植田順平は、とある公会堂で有名小説家と称して自分の小説を話しはじめた。

「週刊誌の記者・植島順一が列車の中で知り合った少年・次郎にすすめられ、強引に途中下車した。その直後、列車が転覆、植島は命びろいした。次郎に不思議な予知能力があることを知った植島は、霊感の力で、特ダネは掴むし、かねてから好意を寄せていた同じ社の直美とも結婚し、出世していきかつての上司だった編集長と地位が逆転になった。そんなある日、植島が帰宅した時、次郎は置手紙を残して失踪していた。その時、直美から子供ができたことを聞いた。植島は、生まれてくる子供が次郎の生まれ変りだと信じ続けるのだった。」

と、こんな感じの話である。 数ヵ月後。植田は、ある日靴みがきのサトシ少年に出会うのだが・・・。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]