喜劇 泥棒大家族 天下を盗る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜劇 泥棒大家族 天下を盗る
監督 坪島孝
脚本 田波靖男、中西隆三
製作 渡辺晋、大木舜二
音楽 佐藤勝
撮影 岡崎宏三
編集 武田うめ
配給 東宝
公開 日本の旗 1972年10月28日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』(きげき どろぼうだいかぞく てんかをとる)は、1972年に制作された植木等主演作品。クレージーキャッツのメンバーからは、谷啓犬塚弘安田伸桜井センリが出演している。併映作品は『にっぽん三銃士 おさらば東京の巻』(監督:岡本喜八、主演:小林桂樹)。

概要[編集]

東宝創立40周年を記念して製作された作品のひとつで、『ニッポン無責任時代』から『日本一のショック男』まで、足かけ10年にわたり全30作が作られた東宝クレージー映画的な作品である[1]

本作は未ソフト化であるが、2017年1月には、CS日本映画専門チャンネルにて『新春特選・日本の初笑い特集』の1つとしてTV初放送された。

ストーリー[編集]

過疎村になっていた筑豊炭田。ところがその中に、電化製品をズラリと並べた住宅街があった。猪狩時之助を総親分に戴き、一族深い絆で結ばれた大万引き一家の住処である。ある日、時之助の号令で門次郎以下が東京に大進撃を開始。盗品は次々と鉄道便で集落へ発送した。その後全員が集落へ戻って来たが、仕事の割には稼ぎが少ない昇作、恒夫たちは、時之助、タツノ、千吉たちが温泉へ行っている間に、時之助に無断で東京へ・・・。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同じ集団をモデルとした作品[編集]

本映画は、北九州に実在した、実際の窃盗集団をモデルとしたものだが、同じ集団をモデルを元にした作品に以下がある。

  • 結城昌治『白昼堂々』1966年刊行の小説
  • 映画『女 咲かせます』 - 上記小説を原作とした、1987年公開の松竹映画

脚注[編集]

  1. ^ ファンや研究者の中には、本作を東宝クレージー映画の真の最終作品とする見方もあり、1997年に刊行された、東宝クレージー映画30作品を紹介する『クレージー映画大全』(フィルムアート社・ISBN 9784845997701)の編集過程においても、本作を紹介の対象とするか否かで議論があったとのことで、同書中にもわずかではあるがその形跡が残されている。
  2. ^ 結城昌治『白昼堂々』角川文庫・解説(中田耕治