喜劇 駅前怪談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜劇 駅前怪談
Katsunuma-budōkyō Station.jpg
舞台の一つである勝沼ぶどう郷駅(当時・勝沼駅)
監督 佐伯幸三
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎、金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
音楽 広瀬健次郎
撮影 黒田徳三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年6月11日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前女将
次作 喜劇 駅前音頭
テンプレートを表示

喜劇 駅前怪談』(きげき えきまえかいだん)は、1964年6月11日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。93分。

キャッチコピーは「お色気! 爆笑! ショックの連続! ど肝を抜く大型喜劇決定版!」。

概要[編集]

駅前シリーズ』第8作。

本作は『喜劇 駅前温泉』以来の首都圏以外の舞台で、山梨県勝沼駅(現:勝沼ぶどう郷駅)近辺で「武田信玄の隠し湯」を巡っての騒動となる。タイトルに「怪談」とあるが、怖がりの三木のり平をお化けに扮して驚かす程度で、ホラー性は無い。

社長シリーズ』でおなじみの久慈あさみが助演している。

なお伴淳三郎は、本作から「松竹」のテロップが外された。

スタッフ[編集]

  • 製作:佐藤一郎、金原文雄
  • 脚本:長瀬喜伴
  • 監督:佐伯幸三
  • 撮影:黒田徳三
  • 録音:長岡憲治
  • 整音:西尾昇
  • 照明:比留川大助
  • 美術:小島基司
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 編集:広瀬千鶴
  • 助監督:松本あきら
  • 現像:東京現像所
  • 製作担当者:大久保欣四郎

出演者[編集]

同時上映[編集]

日本一のホラ吹き男

参考文献[編集]

関連項目[編集]