喜劇 駅前探検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜劇 駅前探検
監督 井上和男
脚本 井上和男、藤本義一
原案 桑田忠親
製作 佐藤一郎、金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
音楽 広瀬健次郎
撮影 黒田徳三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年9月2日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前学園
次作 喜劇 駅前百年
テンプレートを表示

喜劇 駅前探検』(きげき えきまえたんけん)は、1967年9月2日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。東京映画作品。94分。

概要[編集]

駅前シリーズ』第20作。本作も前作『喜劇 駅前学園』同様、井上和男が監督と脚本の一部を担当している。更にシリーズでは珍しく、「原案」と「構成」の2段に分かれている。

本作では、質屋に売られた古文書の財宝(豊臣家の埋蔵金)を巡って、鉱山師・考古学者・質屋のトリオと、詐欺師トリオが争う展開になっている。その反面、本作では駅名や鉄道は登場しない。

ゲストは、NHK総合のドラマ『事件記者』から原保美・園井啓介・滝田裕介近藤洋介中原成男守田比呂也の6名が新聞記者役で出演。

また名子役にして新鋭落語家の雷門ケン坊が、本名及び当時の芸名の「吉野謙二郎」名義で出演して、お経として寿限無の名前の部分を話す。

スタッフ[編集]

  • 製作:佐藤一郎、金原文雄
  • 原案:桑田忠親(『日本宝島探検』より)
  • 構成:八住利雄
  • 脚本:井上和男、藤本義一
  • 監督:井上和男
  • 撮影:黒田徳三
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 美術:小島基司
  • 照明:今泉千仭
  • 録音:神蔵昇
  • スチル:大谷晟
  • 編集:広瀬千鶴

出演者[編集]

同時上映[編集]

てなもんや幽霊道中

参考文献[編集]

関連項目[編集]