喜劇 駅前番頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜劇 駅前番頭
161223 Gora Station Hakone Japan01n.jpg
舞台の一つである強羅駅
監督 佐伯幸三
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎、金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
宮地晴子
リーガル天才・秀才
音楽 広瀬健次郎
撮影 黒田徳三
編集 広瀬千鶴
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年8月14日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前漫画
次作 喜劇 駅前競馬
テンプレートを表示

喜劇 駅前番頭』(きげき えきまえばんとう)は、1966年8月14日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。94分。

キャッチコピーは「箱根の山にドッと繰り出す ご存知駅前チーム! 爆笑とお色気の大型喜劇」。

概要[編集]

『駅前』シリーズ第16作。本作は箱根を舞台に、何かと対立し合う3人が経営する旅館に番頭として就職した常識人が、精神的に追い詰められていく姿を描く。また劇中では、『喜劇 駅前音頭』以来のフラダンスのシーンが存在する。

ゲストは宮地晴子リーガル天才・秀才

なお第2作『喜劇 駅前団地』以来、シリーズの脚本を務めた長瀬喜伴は、本作の脚本執筆中に死去した[1]

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

てなもんや東海道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

参考文献[編集]

関連項目[編集]