喜劇 駅前百年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
喜劇 駅前百年
Ueno Station Main Building.jpg
舞台の一つである上野駅(写真は2005年)
監督 豊田四郎
脚本 八住利雄、広沢栄
製作 佐藤一郎、金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
三木のり平
てんぷくトリオ
ザ・スパイダース
音楽 山本直純
撮影 岡崎宏三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年11月18日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前探検
次作 喜劇 駅前開運
テンプレートを表示

喜劇 駅前百年』(きげき えきまえひゃくねん)は、1967年11月18日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。東京映画作品。102分。

概要[編集]

『駅前』シリーズ第21作。そして「東宝創立35周年記念映画」でもある。

本作は記念作品に相応しく、シリーズ原点の『駅前旅館』の世界を再現し、脚本と監督も、『駅前旅館』の八住利雄豊田四郎が起用された。そして本作は「明治百年」にちなみ、プロローグで戊辰戦争の場面が登場し、森繁久彌伴淳三郎フランキー堺がそれぞれ先祖の役を二役出演している。そして上映時間も、『駅前旅館』『喜劇 駅前温泉』に次ぐ102分となった。

ゲストはザ・スパイダースてんぷくトリオ

なお、この年の『駅前』は4作上映されたが、これ以後は上映回数が少なくなる。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

乱れ雲

参考資料[編集]

関連項目[編集]