喜劇 駅前競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜劇 駅前競馬
Fuchu-Keiba-Seimon-mae-Station 20120506.jpg
舞台の一つである府中競馬正門前駅
監督 佐伯幸三
脚本 藤本義一
製作 佐藤一郎、金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
藤田まこと
音楽 松井八郎
撮影 村井博
編集 諏訪三千男
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年10月29日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前番頭
次作 喜劇 駅前満貫
テンプレートを表示
オープニングに登場した「大井競馬場」近辺(1989年当時)

喜劇 駅前競馬』(きげき えきまえけいば)は、1966年10月29日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。91分。

概要[編集]

『駅前』シリーズ第17作。本作より長瀬喜伴に代わって、当時『11PM』のよみうりテレビ版で司会者としても売り出した作家・藤本義一が担当する。

内容は「競馬ブーム」にあやかり、農耕馬を「競走馬」と騙された買った3人が、飼育して見事競馬で優勝させるまでを描く。なお登場する駅名は府中競馬正門前駅京王競馬場線)である。

助演は「馬」つながりで藤田まこと三遊亭小金馬(現:四代目金馬)、当時藤本と『11PM』で共演していた安藤孝子、そして初期作品『喜劇 駅前団地』に巡査役で出演した千葉信男[1]が、同じ巡査役で出演しているが、千葉は公開前に急逝したため、本作が遺作となった。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

クレージー大作戦

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b OPクレジットでは「千葉信雄」と誤記。


関連項目[編集]