喜多川2tom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きたがわ つとむ
喜多川 2tom
本名 喜多川 務
生年月日 (1957-12-21) 1957年12月21日(60歳)
出生地 日本の旗 日本山口県
身長 161cm
ジャンル スタントマン、俳優
主な作品
スーパー戦隊シリーズ
ゴジラシリーズ

喜多川 2tom(きたがわ つとむ、1957年12月21日[1] - )は、山口県出身の俳優、スタントマンである。本名は「喜多川 務」(読み同じ)。ジャパンアクションエンタープライズ所属。特技は中国武術。夫人は『バトルフィーバーJ』で中盤以降ミスアメリカ(のスーツアクトレス)を演じた小野寺えい子[2][3]

人物[編集]

身長161センチの小柄なスタントマン。高校時代は体操選手で、インターハイの出場経験があり[2]、俊敏でアクロバティックな動きを得意としている。

ウルトラマンになることを目指してスタントマンの道に進む[1]。高校の体操顧問が千葉真一の先輩であったことから顧問の紹介でジャパンアクションクラブに6期生として入門[1]。入門当時は小柄な体系であることからヒーロー役は無理と言われ、戦闘員や女性の吹き替えスタントをメインとしていた[1]

スーツアクターとしてスーパー戦隊シリーズに参加し、大葉健二春田純一の代役を経て、『超電子バイオマン』のブルースリー役で本格的に持ち役を抱え、以後、多くのヒーローを演じてきた[1]

モスラ3 キングギドラ来襲』(1998年)でキングギドラを演じたが、これは同作品の特技監督である鈴木健二が白亜紀型キングギドラの走って飛び上がるアクションができる小柄なアクターを探していた際に、若狭新一が喜多川がブルース・リーのものまねで出演していたCMを見たことから出演依頼が来たとされる[1]。キングギドラのアクションが評価されたことから『ゴジラ2000 ミレニアム』(1999年)からゴジラを演じた[1]。戦隊シリーズではなかったミニチュアセットの破壊シーンの撮影では、失敗すると多くのスタッフに余計な苦労をさせてしまうため「緊張のあまり腹が痛くなった」という[4]。『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)ではスーツアクションアドバイザーを兼務。

獣拳戦隊ゲキレンジャー』(2007年)では得意としている中国武術を生かし、中国拳法指導を担当した。

エピソード[編集]

黄色のインナースーツを好んで着用するが、これは特技を生かしてブルース・リーものまねCMに出演していた影響であるという。

前述の代役としての出演は、当時両者の撮影時間の都合によるもの。「機械と野生の対照的な両者の動きで自分が出来上がった」と語る。自身の持ち役の低姿勢の構えは、大葉健二のバトルケニアの影響を受けている。『大戦隊ゴーグルファイブ』の5人同時で飛び降りるブラックは喜多川が演じている[5]

光戦隊マスクマン』で自身が担当したブルーマスクの変身前を演じた広田一成から中国拳法の手ほどきを受けた[6]。その後も中国拳法のトレーニングを続け、『五星戦隊ダイレンジャー』ではシシレンジャーのスーツアクターとして広田直伝の中国拳法を見せている。『獣拳戦隊ゲキレンジャー』ではそれを生かし、中国拳法指導として参加している。広田とは『世界忍者戦ジライヤ』においてそれぞれ槍忍突破、漢忍緑龍役で共演を果たしており、2人の戦闘シーンでは中国拳法の使い手同士、大変見応えのあるアクションを演じている。

妻の小野寺えい子とは『バトルフィーバーJ』で知り合い、ミスアメリカのトランポリンアクションなど一部を小野寺に代わって担当しているが、小野寺は結婚を意識するようになったのは『電子戦隊デンジマン』辺りからではないかと述べている[3]

3D対戦格闘ゲームのモーションアクターの仕事でも中国拳法の経験が生かされたと、ゲーム関連のインタビューで明かしている。

出演作品[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

後楽園遊園地ヒーローショー[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • キャノン(2006年) - ゴジラ
  • からだすこやか茶W「中華料理 / カンフー編」(2016年) - カンフー指導

WEBドラマ[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)
  • JAE “春”プレミアムイベント 〜Jump Up!〜(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 鶯谷五郎(取材・執筆)「東映ヒーロー仮面俳優列伝 喜多川務」、『東映ヒーローMAX』Vol.39、辰巳出版、2011年11月、 53 - 55頁、 ISBN 978-4777809608。
  2. ^ a b 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全 東映スーパー戦隊大全2』 安藤幹夫 編、双葉社2004年、255 - 257頁。ISBN 4-575-29688-0。
  3. ^ a b c 『東映ヒーローMAX』VOLUME 10、辰巳出版2004年9月10日、 80-82頁、 ISBN 4-7778-0061。
  4. ^ 西川伸司 『日本特撮映画史列伝(1) ゴジラ狂時代』 講談社1999年、206頁。ISBN 4-06-334265-4。
  5. ^ スーパー戦隊大全2 2004, p. 256.
  6. ^ a b スーパー戦隊大全2 2004, p. 257.
  7. ^ 『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』 安藤幹夫 編、双葉社、2003年2月28日、250頁。ISBN 4-575-29520-5。
  8. ^ 「スタントマン29」”. 柴原孝典ブログ「危険請負人」 (2007年1月10日). 2011年5月19日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ スーパー戦隊大全2 2004, p. 266.
  10. ^ スーパー戦隊大全2 2004, p. 268.
  11. ^ a b c d 『テレビマガジン特別編集 スーパー戦隊大全集』 講談社1988年[要ページ番号]。ISBN 4061784080。
  12. ^ 【クリエイターズファイル】たとえ自分が歳をとっても…JAE モーションアクター喜多川さん”. ジーパラドットコム (2006年11月27日). 2011年5月15日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 宇宙船』Vol.132、ホビージャパン2011年、 109頁、 ISBN 4798602132。
  14. ^ 「340presents「伊吹祭」/「隠れ祭」」、『東映ヒーローMAX』Vol.34、辰巳出版、2010年9月、 76頁、 ISBN 978-4-7778-0808-3。
  15. ^ 「SFX director INTERVIEW 佛田洋」『獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本』 ホビージャパン2014年6月20日、94頁。ISBN 978-4-7986-0828-0。
  16. ^ 中川素州オフィシャルブログ「なりたくないヒーロー(汗)」より(2013年1月24日閲覧)
  17. ^ 公式パンフレット「渡辺勝也監督インタビュー」より。
  18. ^ 「MAIN STAFF INTERVIEW_05 荒川史絵」『烈車戦隊トッキュウジャー公式完全読本』 ホビージャパン2015年6月20日、77頁。ISBN 978-4-7986-1031-3。