喜多村政方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
喜多村 政方
時代 江戸時代
生誕 天和2年(1682年8月
死没 享保14年2月1日1729年2月28日
別名 監物、平十郎(幼名)、校尉、長命、開雲堂耕雲、一花翁
墓所 弘前市貞昌寺
氏族 北村氏(喜多村氏)
父母 父:喜多村宗則(津軽政広)、母:山鹿素行娘・鶴
大道寺重通(大道寺友山)娘(衛子。のち水戸徳川家老女。)
久通建部綾足

喜多村 政方(きたむら まさかた)は、江戸時代中期の陸奥弘前藩の武士。北村正方、津軽正方とも。津軽校尉。

生涯[編集]

天和2年(1682年)6月の父・宗則の死から2か月後の8月に出生した。宗則が藩主・信政の寵臣であったこともあり、同年11月に家督を継ぐことが認められたが、幼年過ぎるとして百人扶持に減らされた。

母は儒学山鹿素行の娘であり、四書五経など全てを政方に叩き込んだ。その結果、政方は祖父の始めた山鹿流兵学をはじめ、儒学などにも精通するようになった。この間も信政はなにかと目をかけている。元禄8年(1695年)、800石を頂き、元禄15年(1702年)に手廻三番組頭。宝永6年(1709年)3月12日、本家で叔父にあたる津軽藩家老職の瀧川統伴(北村統伴)が所領没収の上で隠居処分された。宝永7年(1710年)10月18日、信政死去。正徳元年(1711年)2月8、9日、報恩寺での信政の百箇日の法要の惣奉行を政方が勤めた。

正徳5年(1715年)、200石加増。津軽監物と名を改め、津軽藩家老職となった。享保6年(1721年)には校尉と改めている。

祖父山鹿素行の「原流発機」を藩主に講義したり、藩政では自ら新田を巡視したり、領内の古資料の収集に努めるなど活躍した。享保10年(1725年)より藩命を受け「津軽一統志」の編纂を始めた。享保12年(1727年)には家老職を継ぐであろう長男を連れて、領内全てを巡察している。詩文にも優れ、東海道紀行の詩稿が有名。詩集3冊、文稿1冊を出している。「武治提要」など著作は33部あるとされる。

享保14年(1729年)1月16日、藩による大規模な狼狩りが行われた。総人数7,000余の大将を勤めた。直後の2月1日、病没48歳。「津軽一統志」の完成(享保16年完成)を見ることはなかった。

同年8月28日、長男・久通が跡を継いだ。

妻は越前福井藩士で兵法家の大道寺友山の娘。次男は俳人小説家国学者画家の建部綾足。

著書[編集]

「戦略応変」、「兵機全集」、「兵法大意問答」、「講武堂茗話」、「七書便儀」、「武治提要」、「山鹿誌」、「大学解義」、「武教衛葵録」、「原源発機句読大全」、「築城大源発秘図録」、「甲陽戦略便儀」、「寒燈随筆」、「略四書分類」、「輔佐要論」、「天地図説」、「家伝綱領要集」など三十三冊。

参考文献[編集]

  • 「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社