喜瀬ひろしの楽楽日ようび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜瀬ひろしの楽楽日ようび
ジャンル 情報番組
放送方式 生放送
放送期間 2017年4月9日 - 2018年3月18日
放送時間 毎週日曜 13:00 - 17:00
放送局 STVラジオ
パーソナリティ 喜瀬ひろし
出演 渋谷もなみ(2017年10月~)
テーマ曲 トレバー・ダンカン「Come Dancing - Dixieland」
公式サイト 公式サイト
特記事項:
プロ野球シーズン中は『STVファイターズLIVE』(デーゲーム開催日)をフロート番組として挿入。プロ野球が薄暮開催の場合は『三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up』もフロート番組として挿入する場合あり。
テンプレートを表示

喜瀬ひろしの楽楽日ようび』(きせ ひろしの らくらく にちようび)は2017年4月9日から2018年3月18日までSTVラジオで放送されていた生ワイド番組である。

概要[編集]

2016年4月から1年間放送された『喜瀬と通夫の日曜楽楽生ワイド』が、『STVファイターズLIVE』の北海道日本ハムファイターズ戦ペナントレース全試合完全生中継の実施に伴う番組編成の再編により、『河村通夫の桃栗サンデー』とこの番組に分割することによって発足した。

番組は喜瀬ひろしがリスナーから寄せられたリクエスト音楽やお便りの紹介、レジャー情報、通販コーナー「喜瀬の日曜ショッピング」(提供・STV開発センター)を盛り込んで展開する。ファイターズ戦デーゲーム開催日はフロート番組(ワンコーナー)として『STVファイターズLIVE』(ファイターズ戦試合開始10分前~試合終了まで)を挿入し、さらにそのフロート番組として中央競馬実況中継を挿入する。

なお、ファイターズ戦が16時または17時開始の薄暮試合の場合には、15時55分または16時50分までの短縮版となり、『STVファイターズLIVE』はその後に独立番組として放送する。この場合、本来の後続番組である『三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up』(ニッポン放送制作)をフロート番組として14:00-14:30に挿入する(編成上は中断扱い)。

当日中継予定のデーゲーム(17時開始の薄暮試合を含む)が中止となった場合や、オールスターゲームなどで予備日が行使されなかった場合は、5時間半にわたり喜瀬による進行となるが、中継開始予定時間から3時間程度は『STVファイターズLIVE』のスタジオバージョン扱いとして、同番組のスポンサーが協賛する。なお、ファイターズ戦の開催が初めから予定されていない場合の対応は未定(2017年は事例なし)。

なお、喜瀬ひろしが他の仕事の都合上で出演できない場合、代役で吉川のりおが担当することもある。

プロ野球のオフシーズンに入った2017年10月からは、定時放送を前提とする形で、放送時間を4時間に整理したり、アシスタントとして渋谷もなみが加わるなどのリニューアルを図った。

放送時間[編集]

  • 毎週日曜日 12:00-17:30(放送開始~2017年9月)
  • 毎週日曜日 13:00-17:00(2017年10月~2018年3月)

関連項目[編集]

STVラジオ 日曜日12:00~13:00
前番組 番組名 次番組
喜瀬ひろしの楽楽日ようび
(2017.4~2017.9)
STVラジオ 日曜日13:00~17:00
喜瀬と通夫の日曜楽楽生ワイド
(12:00 - 17:00)
喜瀬ひろしの楽楽日ようび
(2017.4~2018.3)
STVラジオ 日曜日17:00~17:30
喜瀬ひろしの楽楽日ようび
(2017.4~2017.9)
大楽勝美のクラシックも聴いてみよう!
(17:00 - 17:30)