喜連川宜氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
喜連川 宜氏
Kitsuregawa Yoshiuji.jpg
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 天保5年1月19日1834年2月27日
死没 文久2年5月3日1862年5月31日
改名 細川孝常(初名)→喜連川宜氏
別名 左近(通称)、左兵衛督
戒名 広源院
墓所 栃木県さくら市喜連川の龍光寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂
下野喜連川藩
氏族 肥後細川氏喜連川氏
父母 父:細川定良、養父:喜連川煕氏
兄弟 宜氏、細川孝典、岡川寛美
正室英子喜連川煕氏の娘)
養子:縄氏

喜連川 宜氏(きつれがわ のりうじ)は、江戸時代後期の大名下野喜連川藩の第10代藩主

細川定良(肥後宇土藩細川興文の四男である孝応の次男)の長男で、初名は細川 孝常(たかつね)。

生涯[編集]

安政5年(1858年)12月24日、下野喜連川藩第9代藩主・喜連川煕氏の婿養子となる。もともと煕氏には同じ細川家から迎えた養嗣子・紀氏細川斉護の六男)がいた。しかし安政5年(1858年)4月、煕氏は紀氏との養子縁組を解消した。一説には紀氏が喜連川藩を継ぐのを嫌がり、藩から脱走したためとされる。そこで煕氏は、あらためて同年12月に同じく宇土細川家から孝常(宜氏)を養嗣子に迎えたのである。

万延元年(1860年)12月1日、将軍徳川家茂御目見する。文久元年(1861年)12月、家督を相続する。文久2年(1862年)5月3日死去、享年29。

宜氏の実父について[編集]

『下野喜連川足利家譜』『大武鑑』によれば、宜氏は細川雅楽助孝応男、一方『平成新修旧華族家系大成』では宜氏は細川定良(孝応の次男)男とあって、史料によって記述が異なる。『肥後宇土細川家譜』では孝応の子女として通固(通称は外栄)と定良(通称は右賢)とあり、定良の子女に孝常(通称は左近、喜連川左馬守煕氏養子)、孝典(後政典、通称は茂手木、小笠原修理長光養子)、寛美(姓は岡川、通称は速水、養子先は不明)の3人が記述され、宜氏は定良の長男となっている。ちなみに祖父にあたる孝応は「江戸大名墓総覧」の775頁によれば、宜氏の生まれる以前の文政10年(1827年)1月25日(『系図纂要』は文政7年1月25日に作る)に死去している。

参考文献[編集]

  • 東京大学史料編纂所「下野喜連川足利家譜」【「栃木県史」史料編 近世4(1974同県)に当主略譜のみ抄録】
  • 東京大学史料編纂所「肥後宇土細川家譜」【未翻刻】
  • 秋元茂陽「江戸大名墓総覧」(1988著者刊)