喜連川氏春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
喜連川氏春
時代 江戸時代中期
生誕 寛文10年5月11日1670年6月28日
死没 享保6年6月25日1721年7月19日
別名 戌王丸(幼名)→氏春
戒名 太常院殿天山道公大居士
墓所 栃木県さくら市喜連川の龍光寺
官位 左兵衛督
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
下野喜連川藩
氏族 足利氏宮原家喜連川家
父母 父:宮原義辰、母:側室某氏
養父:喜連川昭氏
兄弟 宮原義真氏春、杉浦政令正室
正室:喜連川昭氏の長女
茂氏、娘(前田長泰正室)

喜連川 氏春(きつれがわ うじはる)は、江戸時代中期の大名下野喜連川藩の第4代藩主。

生涯[編集]

寛文10年(1670年)5月11日、足利家一門の高家で下野国足利郡駒場村(現在の栃木県足利市)に1040石を領していた宮原義辰の次男として生まれる。喜連川昭氏の嫡子(養嗣子)だったその弟氏信が早世したため、生まれた直後の同年7月23日に昭氏の養嗣子となった。

天和2年(1682年)7月28日に徳川綱吉御目見し、正徳3年(1713年)に昭氏が死去したために、正徳4年(1714年)1月19日に跡を継いだ。享保6年(1721年)6月25日に死去。享年52。

跡を長男の茂氏が継いだ。