喜連川頼氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
喜連川頼氏
Kitsuregawa Yoriuji.jpg
喜連川頼氏像(石堂寺蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正8年(1580年
死没 寛永7年6月13日1630年7月22日
改名 龍王丸(幼名)→喜連川頼氏
別名 足利頼氏
戒名 大樹院殿涼山蔭公大禅定門
墓所 栃木県さくら市喜連川の龍光寺
官位 左馬頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
下野喜連川藩
氏族 足利氏喜連川氏
父母 父:足利頼純、母:佐野晴綱娘
兄弟 女子、月桂院豊臣秀吉側室)、国朝頼氏、瓊山法清尼
正室:足利義氏娘・氏姫
義親島田守政正室

喜連川 頼氏(きつれがわ よりうじ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武士大名下野国喜連川藩初代藩主。

略歴[編集]

天正8年(1580年)、小弓公方足利義明の次男である足利頼純(頼淳)の次男として誕生。

天正20年(1593年)、兄・国朝文禄の役で九州に赴く途上の安芸国で病死したため、兄の正室であった足利氏姫が頼氏と再婚することで足利氏後裔喜連川氏の名跡を継いだ。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは頼氏は出陣しなかったが、戦後に徳川家康に対して戦勝を祝う使者を派遣したため1,000石を加増され、喜連川藩が立藩された。

喜連川藩の知行地は僅か5,000石弱に過ぎなかったが、江戸幕府を開いた徳川家康から足利氏の名族としての伝統を重んじられ、10万石並の国主格大名の待遇を受けた。

寛永7年(1630年)、死去。